体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

お正月:お餅を食べても死なない食べ方。ご老体には気を配ってね!

 
雑煮
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

不慮の事故のうち、食べ物による窒息死が65歳以上では年間3,500人以上もいるとか。

スポンサーリンク
鏡餅
鏡餅の上に載っているのはみかんではなく、です。「代々家が栄えるように」との願いが込められているとか。

お餅による窒息死亡事故の4割強は当然のことながら、1月に多く発生した。特に3が日。
また、なぜか男性の方が女性より2.6倍も多いとか。

高齢になるとだれでも、口や喉の機能が低下、噛む力や飲み込む力が弱くなってくるし、唾液の量も減ってくる。
さらに歯のケアを怠っていれば歯の数が減り、噛む力はますます落ちるし、歯周病菌が全身に回ってさまざまな病気の引き金となる。
ではどうしたらいいのか?

対処法

  • 小さく切って、提供する。
  • お茶や味噌汁などの汁物で口の中を湿らせてから食べるようにする。流し込むような食べ方は×。
  • 一口でたくさん頬張らない。だれも取らないから。
  • ゆっくり、よく噛んでから、飲み込む。
  • 同居人がいるなら、高齢者の「餅」には注意を払おう。
  • かなりの高齢者と同居する家族は、日頃から救急蘇生法を学んでおくべし。
    腹部突き上げ法背部叩打法など。
    詳しくは医師会のページが詳しい→ https://www.med.or.jp/99/kido.html

誤嚥はときに命に関わる。高齢者と同居の方はぜひ日頃から情報収集を!
独居の高齢者はご自身で気をつけるほかない。


誤嚥性肺炎についてはこちら→ 
子どもやペットが誤飲した!:そうなる前にできる注意はしておこう。
ごえん性肺炎:食べ物ばかりでなく、自身の唾液でもなるのです!

みなさま、喉に詰まらせないよう、くれぐれもご注意ください!

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.