体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

チョイス:おとなの食物アレルギー、その原因、検査、治療薬は?

2021/12/16
 
kiwi
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

子どもの頃からアレルギーなら、日々食べないように気を付けているでしょうが、何ともなかったら、その日に限って警戒することはないでしょう。でも、いつ、ヒトが何にアレルギーを起こすかは、だれにも予想ができないのです。今までは何ともなかった化粧品やシャンプーでも・・・。
ゴムにかぶれるヒトはキーウィにもかぶれやすいのです。

スポンサーリンク

アレルギーとは?

ヒトの体を守る免疫システムの過剰な防衛反応。異物を認識すると白血球等が攻撃して体外へ出そうとする(抗原抗体反応)。この時の発熱や腫れ、かぶれをアレルギー反応という。高タンパク質、砂糖の摂り過ぎといった食事をしているヒトに多く見られる。

アレルギーの怖さ

食べたときばかりでなく、皮膚や気道を通して起きることがある。それを忘れてはならない。
蕎麦ピーナッツは死亡率が高いので、アレルギーのヒトは絶対忌避すべきである。うどん屋さんで「蕎麦と一緒に茹でています」みたいに書いてくれている店もある。そのくらい注意が必要ということである。
最近は小麦アレルギーも増えているそうだ。

ざる蕎麦
日本人が蕎麦アレルギーだったらショックですよ~!美味しいのに・・・。

ラテックスアレルギー

ゴムアレルギーの人が増えている。天然ゴムと合成ゴムがあるがアレルギーを起こすのは天然ゴム。
パラゴムの木から得られる白い液体には自分の傷を修復したり感染から身を守るためのタンパク質が1.5%含まれているため。これにヒトはアレルギーを起こす。痒み、赤み、蕁麻疹などの他、鼻水、くしゃみ、喉の痒み、喘息発作、アナフィラキシーショックも起こしうる。

医療従事者の3~12%、一般人の1~6%がラテックス抗原に抗体を持ち感作されている。特に滑りを良くするためゴム手袋の内側にコーンスターチが塗られたものはアレルゲンを吸着しているため感作されやすくなる。
手術室で手袋のパウダーが舞い上がり、これを吸い込んだせいでアレルギー症状を引き起こしたヒトもいる。

またラテックスに含まれるタンパク質と似た構造のタンパク質は果物にも含まれているためラテックスアレルギーの人の3~5割はアボカド、バナナ、キーウィ、栗などでアレルギーが出る。これをラテックスフルーツ症候群という。食べて口の中が痒くなる、蕁麻疹が出るなどの症状が見られたら安易に考えず食べるのを止め病院に行く。

繰り返し手術を受けてきた患者さん、二分脊椎症など先天異常のため生後まもなくからカテーテルなど医療用具を使用してきた患者さんは感作される可能性が高い。アトピー体質のヒトも可能性が高い。
可能性がある人はなるべく触れないように、ビニール製、ニトリル製、シリコーン製などの製品を使うようにする。医療機関を受診するときも必ず伝えた方がよい。手術のとき配慮してくれる。

小麦アレルギー

これも怖い!石鹸に含まれる小麦成分で事件になったくらいだから。
小麦は粉で保存されるためダニが繁殖しやすい。イネ科花粉と共通抗原があるため、花粉飛散期に小麦製品を食べて運動すると食物依存性運動誘発性アナフィラキーショックを起こしやすい。

マンゴーアレルギー

フルーツといえども油断はできない。ウルシ科の植物なのでかぶれやすい。うるしにかぶれるヒトは銀杏やマンゴーにもかぶれる。

口腔アレルギー症候群(OAS)

花粉症と関連が強いアレルギー。花粉症のヒトは口の中に炎症症状が出やすい。特に手が荒れているヒトは手からいろいろな刺激が入り、アレルギー反応を誘発しやすくなる。手も洗ったらよく拭いて、保湿することを心がけよう。

交差反応

アレルギーと言えばこれ。あるものにかぶれやすいヒトは似た種類のものにもかぶれやすくなる。サーファーは納豆にかぶれるヒトが多いとか。何故かと言えば、サーファーはクラゲに噛まれやすい。そしてクラゲの抗原ポリガンマグルタミン酸(PGA)は納豆にも含まれるからである。花粉症のヒトはりんごや桃など、バラ科のフルーツにかぶれやすい。ラテックスアレルギーのヒトがキーウィにかぶれるのもおなじ理由である。野菜やフルーツでも油断はできない。ただ、タンパク質は熱を加えると形が変わるので(ゆで卵を考えてみて)、加熱して食す分にはアレルギーは起きにくい。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

小麦や甲殻類を食べてすぐ運動すると起きる。学生や40歳前後の成人に多い。
喉頭浮腫、気管支喘息、血圧低下、痙攣、不整脈が起きるがこの時期を乗り切れれば予後は良い。
しかし脳に酸素が行かない時間が長い場合は臓器不全、最悪死亡となる。
運動というときついものを考えてしまうが、散歩や掃除、入浴程度でもこの場合は運動の範疇に入る。
一度でもなったヒトは、よくよく注意しよう。

肉アレルギー(ポークキャット症候群)

ペットを飼っているヒトに多く見られる。犬や猫はヒトにとっていい友人だが、やはり種が違うため、その被毛やフケ、唾液に晒されることはアレルギーの元になる可能性がある。それらはウシやブタとも似ているためハンバーグなどにアレルギーを起こすようになることもある。一緒に寝たり、キスしたりなどのべったりな関係は望ましくない。

アレルギー試験

皮膚試験(皮内法、パッチテスト、スクラッチ法)と血液検査がある。血液検査でIgE抗体の量を量る。多ければアレルギー体質とわかる。しかしより多く出る物質に必ずアレルギーを発症するとは限らない。プリックテストと血液検査両方をやると3割負担で5,000円ほど。何にかぶれるのか、調べてみるのも無駄ではない。極力避けることが望ましい。

ジャパニーズ・スタンダード・アレルゲン

日本人がかぶれやすいものがある程度わかっている。

  • ニッケル:14.2%がかぶれる。時計などから汗で金属成分が溶け出し、かぶれる。私も以前時計の裏のシールを剥がしたばかりに、丸く爛れたことがある。あれは剥がしてはいけないな。
  • 漆:11.5%。マンゴーにもかぶれる。
  • クロム
  • コバルト
  • パラフェニレンジアミン:6.2%。毛染めによく入っている。毛染め、白髪染めによるかぶれはかなり報告数が多い。

他にチウラム系化合物やジチオカルバメート(ゴム手袋)3~5%、フラジオマイシン(ゲンタマイシンに構造が似ている)など。

治療法

減感作療法はおとなではあまり効果が見られない。基本的には抗ヒスタミン剤の内服となる。アレルゲンが体内に入ると、マスト細胞がヒスタミンを放出、それがくしゃみや鼻水、発疹などを引き起こすので、そのヒスタミンを抑制するのが抗ヒスタミン剤である。

アナフィラキシーショックを起こしたヒトは念のためエピペン(アドレナリン自己注射薬)を処方してもらい、携帯するとよい。発作が起きたら即、自分で服の上から注射すれば病院に着くまでの時を稼げる。アナフィラキシーショックを起こすと30分以内に心停止となることが多い。

アレルギーについてもっと知りたい方はこちらも→ 
アレルギー :ヒトは水以外のあらゆるものにかぶれる可能性がある。
アトピーについてはこちら→ 
チョイス:アトピー性皮膚炎の治療法、ステロイドは敵じゃない!

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.