体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

ヒューマニエンス:ヒトの健康を左右する腸内細菌の数、種類とは?

 
細菌
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

こんなにも小さいのに、こんなにもヒトの健康に影響を及ぼす細菌たち。でも彼等なくして人体は機能しない。

スポンサーリンク

腸内細菌

腸の粘液中に100種類以上、100兆個もいる! ヒトの細胞は37兆個しかないというのに。
しかもその99%以上は大腸内に棲み着いている。

バクテロイデス属、クロストリジウム属細菌などが優勢。腸内細菌叢は病原細菌の侵入や増殖を抑制してくれる。
また物質代謝や免疫賦活化などにも関与する。構成菌は年齢や食事などにより変化する。老化するほどビフィズス菌は減っていく。残念ながら。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌の区分けはヒトの都合に合致するか否かで勝手に決めたもので、あまり意味がない。

一般にはビフィズス菌、乳酸菌は善玉菌とされ、ウェルシュ菌、ブドウ球菌✿、大腸菌は悪玉菌とされることが多い。
バクテロイデス、連鎖球菌はふだんおとなしいが、体調が悪くなると悪さをする日和見菌とされる。

✿ブドウ球菌:これはある1種類の菌を指すのではなく、葡萄の房状になっている形状からいう。
他にさお状の桿菌、連なる連鎖球菌などもある。

  • 細菌:栄養と水があれば自力で増殖できる単細胞生物。光学顕微鏡で見られる大きさ(マイクロメートル)。治療には抗生物質が有効。しかし多剤耐性菌なども出て来ているため無闇に服用するのは避けるべき。
  • ウイルス:外殻と中に遺伝子を持った微生物。細菌よりはるかに小さく(ナノメートル)、電子顕微鏡でないと見ることもできない。動物など、生きた細胞に取り付かないと増えることができない。抗ウイルス薬で治療、ワクチンで予防する。

胎児は母体内にいる間はほぼ無菌状態だが、出産で産道を通るとき、母の乳酸菌を浴びて出てくる。そして生後3年ほどで腸内フローラがほぼできあがる。パンダやコアラなどの野生動物では仔が母のフンを食べることで同じ腸内細菌を取り込む。
ショウジョウバエはその60%がヒトと同じ細菌叢で、ラクトバチルスについては共通である。そのためヒトの病気を植え付けて実験ができるモデル動物となり得る。彼等には気の毒であるが。

ビフィズス菌

最も有名な細菌。1899年、ティッシェー(Tissier)により母乳栄養児の糞便中から発見されたグラム陽性桿菌。
ヒト腸内において乳酸や酢酸を産生し、pHを低下させることにより、ガス、アンモニア、アミン類その他の有害物質産生菌の発育を抑制、腸内細菌叢を正常化してくれる。腸内細菌叢の異常による下痢や便秘などの症状改善にも薬として用いられる。

大腸菌

大腸にいるときは有用な菌だが、便として体外に出ると敗血症、O-157食中毒、ビリルビン結石の原因菌となる。
ちなみに便は大腸菌や食物残渣ばかりでなく、剥がれた内皮細胞や分解された赤血球などもあるため、断食していても排便はある。即身成仏するときどうだったのか・・・気になる。

セグメント細菌(Segmented Filamentous Bacteria)

腸管上皮細胞に食い込んで存在する線状の菌群。腸管免疫の中心となるパイエル板を発達させ、T細胞の数やIgAの分泌量を増やすことで外部から侵入してきた細菌から人体を守ってくれる。

細菌

地球が誕生したのが46億年前、細菌は35億年くらい前からいたらしい。好気性細菌と嫌気性細菌がいる。
好気性細菌は地表に分布し、嫌気性細菌は海底、岩、火山、そしてヒトの腸粘膜など酸素のない所に分布した。

ヒトの胃の幽門から小腸に行くに従い、酸素が減り、大腸内ではまったくなくなる。その上ヒトが毎日せっせと食事してくれるため、餌には事欠かず、嫌気性細菌にとってはまたとない極楽である。
ヒトには迷惑なピロリ菌などはpH2の胃酸の中でも平然と生きて行ける。

ピロリ菌

胃ガン、マルトリンパ腫の原因となる。
ヘリコはヘリコプターと同じで螺旋を意味する。ピロリは幽門部のこと。マーシャル博士の実験助手がイースターの長期休暇で培養を放置していたら細菌のコロニーができていた。ピロリ菌は増殖スピードが遅いため通常のスパンなら発見できなかった。マーシャルはピロリ菌が胃ガンの原因ではないかと自身で飲んでみた。
急性胃炎は起きたが慢性胃炎にはならなかった。こういうドクターは日本にはまずいないだろう。

胃カメラ検査で簡単に判別できる。胃、十二指腸、食道の異変を目で見ることができる。見つかったら除菌を行う。一度でできなくても何度か繰り返せば除菌できる。2回目までは保険適用となる。ただ保菌者でなかった人と比べれば胃ガンになりやすいリスクは背負い続ける。

プロトンポンプ阻害薬、クラリスロマイシン、アモキシシリンの3種類を1日2回、7日間服用する。
1カ月後、除菌できたかどうかを判定する検査(呼気テストまたは便検査)をする。
通常7割くらいの方は完了するが、まだのヒトは再度繰り返す。

気になる方はかかりつけ医に相談してみよう。

腸内フローラについてはこちらにも→ 腸内フローラ:トキシンB、ポリフェノール、CDI、FMTとは?

消化器についてはこちらにも→ 消化器:口から肛門までの長~い道のりとそれにまつわるお話。

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.