体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

お雑煮:その由来、お餅の形、具の意味、地域でこうも違うとは!

 
重箱
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

狭い日本、しかし食のバリエーションはかなりある。
お雑煮も地域によりさまざま。
醤油ベースか、白味噌仕立てか、具材の違い、各地の違いをざっとご紹介してみよう。

スポンサーリンク

おせちを全部手作りする方は偉い!
そうでないヒトもお雑煮くらいは出汁を取って作ってみよう。
毎日違う地方のものを作ってみたら結構飽きずに楽しめるかも。

お雑煮の由来

平安時代から食されてきた伝統的日本料理。餅と里芋、人参、大根などを、その年最初に井戸や川から汲んだ若水(わかみず)と、新年初めての火で時間をかけて煮込み、元日に食べたのが始まりとされる。
煮混ぜが語源とされる。

祝い箸(両端が細長くなっている箸)を使うのは、一方をヒトが使い、もう片方を神様が使う「神人共食」を表す、縁起の良い箸とされるため。


お箸のタブーについてのプチ情報は一番下に↓ ぜひご覧ください。

なぜお餅なのか?

お正月に年神様(お正月にいらっしゃる神様)をお迎えするため、前年に収穫したお米から作った餅をお供えし、そのお下がりとしてヒトがお雑煮を頂く、という意味。旧年の収穫が無事であったことには感謝、新年の豊作や家内安全を祈る意味合いがあった。形にも意味があるらしい。

  • 丸餅は:家庭円満の意味。
  • 餅:よく伸びることから長寿の象徴。
  • のし餅を切った角餅:敵をのす(倒す)。
  • 角餅は、「土蔵が建つ」ことから、「家が栄える」の意味。

具材の意味

  • 里芋は:子芋をたくさんつけることから、子孫繁栄を願って。
  • 大根:角が立たないように丸く切ることで、家庭円満を願う。
  • 人参:古来より赤い色は魔除けの効果があるとされてきた。

縁起のいい食べ方

まあ家族と円満に食べられれば万事OKではありますが。

  • 毎日(1/1~1/3)、お餅をひとつずつ増やしながら食べる。
  • おせちを食べた後にお雑煮を食べる。

北海道

汁は少し甘めの鶏ガラベースで角餅。

岩手県

煮干しの汁に焼いた角餅を入れる。鶏モモ肉、野菜のほか高野豆腐やいくらなども入れ具だくさん。
宮古地区では雑煮の餅を甘い胡桃だれにつけて食べるヒトもいる。

東京都

かつおと昆布の出し汁に焼いた角餅、鶏もも肉と野菜を入れる。醤油ベースにみりんを効かせる。東京近郊はだいたいこのタイプのお雑煮。

愛知県

焼かない餅を鰹出汁で柔らかくする。白い餅を焼くのは「城が焼ける」を連想させ、縁起が悪いとされた。具は餅菜(小松菜に似ている)のみ。醤油と塩のみで味を整える。いたってシンプル。

京都府

流石に個性的。かつお&昆布の出汁を用いる白味噌仕立て。焼かない丸餅が入る。具材も里芋のほか、金時人参、大根などすべて丸くする。「家庭円満」、「丸く収める」という願掛けの意味がある。

奈良県

白味噌の中に入っているお餅を取り出し、きな粉をまんべんなく付けて食べる。黄粉の黄色は豊作を祈願する色だとか。

鳥取県

甘い小豆汁に別に煮た丸餅を投入。山陰地方独特のお雑煮。あずき色には邪気を祓う力があるとされ、縁起を担いでいる。確かに「ハレの日」には赤が多い。

香川県

うどん県でもお雑煮は食べる。いりこ出汁で餡餅を煮る。しかも白味噌仕立て。具は里芋、金時人参、大根など。
餅から小豆あんが溶け出す。その昔高松藩の特産だった「和三盆」✿をお役人にばれないよう、あんこに練り込み、餅に隠して食べたのだとか。美味しいものは隠れてでも食べたいですものね。

✿和三盆:香川県、徳島県など四国東部特産の砂糖。竹糖(ちくとう)というサトウキビが原料。
お盆の上で三度研ぐことから。

福岡県

あご出汁に別に煮た丸餅を入れる。具にはブリ、焼き豆腐、勝男菜(高菜の一種)✿などを入れる。

✿かつお菜:福岡県特産のアブラナ科の葉野菜。

お箸のプチ情報

日本人なら「お箸」のこと、知っておいて損はない。
特に「忌み箸」、こういうのを知らないと恥をかいてしまうかも知れない。
マナーに適うことをしていれば所作も自然と美しく見える。「知らないと損する」典型事例と言えるのでは。

取り箸:炊き合わせに添える。青竹元節が基本。小さい器のときは矢筈の杉箸や黒文字を用いる。

利休箸:両端が細い箸。食材を持ち上げるとき崩れたり跡が付いたりしにくい。器にも傷を付けにくい。

矢筈箸:懐石に用いる菜箸の一種。青磁や楽焼など傷つきやすい器にも向く。上が斜めにカットされ全体が四角ばっている箸。

忌み箸(こんなにある!とても覚えきれないけれど・・・)

  • 寄せ箸:箸で食器を手元に引き寄せること。最低である。
  • 渡し箸:食事の途中で箸を食器の上に渡しおくこと。箸置きに置こう。八寸の取り箸はこれでよい。
  • 持ち箸:箸を持ったまま食器を持つこと。
  • 重ね箸:一つの料理ばかりを食べ続けること。バランスより食べていこう。
  • ねぶり箸:箸の先を舐めたり口に咥えたりすること。
  • 迷い箸:あれ、やっぱりこれ、と箸がうろうろすること。 見苦しい。
  • 移り箸: 一度箸をつけたらそれを口に入れてから他へ行こう。
  • 刺し箸:口のサイズに合わせて切るなり裂くなりしよう。
  • 押し込み箸:口に入れた後さらに箸で押し込むこと。がっついて見えてしまう。
  • 掻き込み箸:器に口をつけ、かきこむように食べる。丼でよく見るが、相手のことも考えよう。
  • 涙箸:ぽたぽた垂らすこと。器を持ち上げるか、取り皿に取ろう。手を皿にしてもいけない。
  • 洗い箸:汁椀などで箸を洗うこと。
  • 落とし箸:食事中に箸を落とすこと。注意しよう。
  • 返し箸:箸を逆にして大皿から取り分けること。取り箸を用いるのがマナー。
  • こじ箸:器をかき回して好きな具材だけ取り出すこと。
  • 指し箸:箸でヒトやモノを指すこと。
  • せせり箸:箸先で歯の詰まりを取ろうとすること。
  • 叩き箸:箸で食器を叩くこと。躾が悪いにもほどがある。
  • ちぎり箸:左右に1本ずつ持ってちぎること。
  • 撥ね箸(はねばし):嫌いな食材を箸ではね除けること。
  • 持ち箸:箸を持った手で器も持つこと。こぼすか、壊すか、ろくなことにならない。

特殊な箸使い

  • 立て箸:仏箸。死者の枕元に沿える枕御飯であり、他者が食べてはいけないことを意味する。
  • 箸渡し:箸から箸へ食べ物を渡すこと。収骨室での箸渡しを想像させるため、タブーとされる。
  • 二人箸:ふたりが一緒に同じ料理を挟むこと。
  • 違い箸:ペアでない箸を一揃いとして使うこと。

お料理やマナーに興味がある方はこちらも→ 
料理:みんなが毎日しているが、知らない単語もあるかも知れない。

おせちその他のトリビアについてはこちら→ 
https://www.daimaru-matsuzakaya.jp/osechi/chishiki16/

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.