体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

選挙:衆議院と参議院の違い、個人で落ちても比例で受かる?

2021/11/01
 
the Houses of Parliament
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

3A落ちませんでしたね~。甘利氏だけは小選挙区で落選しましたが、例の如く、比例で復活当選。
国民が落としたヒトを拾い上げるの、やめてもらえませんかね?投票率の低さにもがっかりです。
安倍晋三氏と麻生太郎氏は楽々当選。相手が大物でないので楽勝でした。

スポンサーリンク

籠池夫人、中川夫人、森下千里氏、辻元清美氏、甘利氏一押しの新人さん、落選しました。
自民党単独過半数、入れたヒト、おめでとうございます。
これから何がどう自身に不利になっても一切文句言わないでくださいね。消費税が上がろうが、コロナ税が新設されようが、マスク以外の無駄がばれようとも!

選挙カー、うるさいにもほどがある!が・・・。

期間中、8:00~20:00はやられ放題である。病人がいようと、夜勤で疲れたヒトがいようと、赤ちゃんがいようと、在宅勤務していようと、お構いなし、国民は耐えるのみである。デシベルの制限がまったくないからである。
選挙カーは走行中は連呼のみ、停止中は演説ができる決まりである。連呼するのは覚えてもらうためだそうだ。
どんなにうるさくても、候補者の邪魔をすると、した方が逮捕されしまう。選挙妨害として。ひたすら我慢である。

そもそも名前を知っているからなんて理由で1票入れるなんてことがあるのだろうか?
直接知り合いでないとしても今は調べればその候補者がどんなヒトか、変な発言や事件を起こしていないか、わかるではないか。自分の選挙区でだれが立候補しているのか、調べもしないようなヒトはどんなに税金が上がろうと、道路が補修されなかろうと、補助金の振り込みが遅かろうと、一切文句をいうべきではない。

選挙権

遂に18歳以上からになった!世界には選挙権のない女性もたくさんいた。ぜひ行ってもらいたい。
もちろんたかが1票、されど1票、よく調べて考えてから名前と政党名を書いてほしい。
親の意見や賢い友人の考えに従うのではなく。
あなたの思った結果にはならないかも知れないが、それでも行く意味はある。

大日本国憲法下での選挙では、選挙権は高額納税者(15円以上)の、しかも25歳以上の男性にしかなかった。
全人口のたった1%!である。当時の15円とは現在の60~70万円くらいらしい。

それほど選挙権があるというのは有り難いことなのだ。当たり前の権利ではない。
1925年、やっと25歳以上の男性に選挙権が認められた。
1945年、やっと20歳以上の男女とも選挙権が認められた。
2016年、18歳以上に認められた。

選挙権の年齢は国によりまちまち。
またスイスは女性に選挙権を認めるのが 先進国の中では意外に遅かった。全26州が認めるまで20年もかかった。
ついでにいうと国政選挙がないバチカンには有権者そのものがいない。ローマ教皇が立法者を指名するのだそうだ。

日本の国会

衆議院と参議院の二院制。アメリカではなく、イギリスを見習った。

衆議院

  • 議員定数:475人。こんなに必要か?
  • 任期:4年。しかしいつ解散があるかわからない。だから金、金というのか?
  • 被選挙権:25歳から立候補可能。
  • 特徴:「衆議院の優越」というのがある。解散時、一時的に参議院で議決されても衆議院議員が決まったらまた議決しなおし、そちらが優先される。解散もあり、任期が短いため、より民意を反映しているから、という理由。

参議院

  • 議員定数:242人。不要だというヒトもいるが、衆議院が解散しているとき、役に立つ。
  • 任期:6年。解散がないので一度受かれば6年安泰。3年毎に半数ずつが改選される。
  • 被選挙権:30歳以上から立候補可能。
  • 特徴:昔は貴族院だった。

立候補

年齢さえクリアし、保証金を積めば、だれでも出ていいのだろうが、できればまともな方だけ出てほしい。
女性問題起こしたヒトとか、下着泥棒経験者とか、無免許運転常習者とか、学歴詐称しているヒトとか、自分の本業(?)のためによく国会を休むヒトには立候補しないでいただきたい!
ついでに、国会で居眠りしているヒトも日割りで報酬をさっ引いてもらいたい。国会が休みでも一律報酬はおかしい。超ベテラン議員も当選1回のペーペーも同額なのもどうなのか・・・。
私も若かりし頃、一度うっかり居眠りしてしまい、クビになったことがある。それ以来、一度たりとも寝たことはない。当たり前だが。
ヒトはだれでも過ちを犯すし、立ち直ることもできるかも知れないが、そういう方には別の職業もあるので、議員はご遠慮願いたい。大臣受けるにしても、専門外なら断ってもらいたい。自分のおつむの程度ややる気は本人が一番わかっているはずである。首相や大臣がころころ替わるのは外国に対してもみっともないことこの上ない。

アンゲラ・メルケル氏、16年の長期政権、お疲れさまでした。EU首脳会議で拍手されるのももっともである。
その間に日本の総理は何人替わったであろうか。

裁判官罷免

衆議院議員の選挙は同時に裁判官の選挙でもある。最高裁判所の裁判官の「国民審査」が告示され、今回は11人の裁判官が対象となる。審査対象となるのは就任してから一度も審査を受けていない裁判官、または審査を受けてから10年以上たった裁判官なので、それが11人なのである。憲法79条による。信任しない場合は×印を付ける。が、過去24回の国民審査で未だかつて罷免された裁判官はいない。
どの裁判官がどのような判決を下したか、わからなければ×は付けられまい。

公職選挙法

立候補者はこれに縛られる。275条ある。読みたい方はこちら↓ 
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=325AC1000000100_20201212_502AC0000000045

  • 東京都は条例で85デシベル以上の「暴騒音」を取り締まりの対象にしているが、選挙運動は適用外となる。
    国会や外国公館周辺での拡声機の使用を規制している静穏保持法も、選挙活動は対象外。本当にうるさい!
    病人や赤ちゃんがいたらどうしてくれるのか?在宅で仕事をしている方も多いだろうし。
  • 小選挙区での得票が有効投票総数の1/10に達しなかった場合には、比例名簿で上の方にあっても復活当選はできない。3Aを落とそう、という運動が盛り上がっているとかいないとか・・・。
  • 衆院選小選挙区の候補者が選挙運動で使える機材について、自動車拡声機の他、船舶も認めている。ベイエリアにお住まいの方、おちおち窓も開けられない。
  • ウグイス嬢は車上等運動員で日給15,000円以内とされている。これに反したから河井元法相夫妻はああなった。
    事務員には日給10,000以内である。一方運動員は無償でなければならない。どんな方がただで動いてくれるのだろうか?親戚ならばいざ知らず・・・。
  • 投票所に一番乗りした有権者には「改め立会人」という仕事が待っている。投票箱に何も入っていないことを確認する役目だ。これをやりたいヒトは一番に並ぶのだろう。30年以上も一番乗りしている方もいる。選挙に無関心な方の真逆を行く方だ。
    だいぶ前、ニュースで選挙に行かない理由を聞かれた男性、用事があるからと言い、用事って何?と聞かれ、「家族でディズニーランドに行くから」と答えていた。選挙は滅多にないが、ディズニーは毎日開いているのでは?と思った。コロナの自粛期間という特例は別として。選挙権があることの有り難みを知らないのであろう。

選挙制度の欠点

小選挙区で落とされても比例(政党の力)で受かってしまう。
1票の格差がなかなか縮まらない。人口が流動するせいもあるかも知れないが、放置されっぱなし。

また無所属は条件が非常に不利。選挙カーの台数、選挙運動用の葉書の枚数、ビラの枚数などすべてが公認候補より少なく設定されている。しかもその上、政見放送に出られず、比例名簿に載らないので復活当選はあり得ない。
よほど知名度がないと無所属当選は難しい。だから政治的実績のないタレント、女優、アナウンサーなどが知名度の低い政治家より受かるのだ。

欧州人権条約(Convention for the Protection of Human Rights and Fundamental Freedoms)

人権と基本的自由の保護のための条約。EU加盟国が1950年にローマで作成、1953年9月3日に発効した条約。
追加議定書もあり、財産権、教育権、移動の自由、追放の禁止なども補充された。
EUの議会・理事会・委員会は2000年12月7日、死刑廃止、クローン人間禁止、個人情報取得・訂正権などを含む、EU市民を対象とした54カ条の欧州連合基本権憲章を採択した。

男女差ランキング

WEF(世界経済フォーラム)の男女格差の指標は、「経済活動への参加と機会」、「政治への参加」、「教育」、「健康と生存率」の4分野の計14の項目で、男女平等の度合いを指数化して順位を決めるのだそうだ。
日本の男女格差を分野ごとに見ると、「経済活動への参加と機会」は116位、「政治への参加」は103位、「教育」は76位、「健康と生存率」は40位と、かなりばらつきがある。確かに寿命は長い。

この報告書で、日本の女性は教育でも健康でも男性とあまり差がないが、政治や経済からは露骨に排除されているという特殊な状況が浮き彫りになった。もっとも医学部受験で女性を不利に扱う大学も存在し、問題になったから、大学、病院などでも女医は好まれないということなのだろうが・・・。

こういったことを改善するには女性もどんどん選挙に行き、意思を表明し、議員になろうとする女性も増えるなど、能動的に関わらないと不利益を被ったままになる。
まあ政治家にふさわしいかどうかは、性別にはよらないが・・・。選挙には行こう!

法律に興味がある方はこちらも→ 法律用語:憲法、民法なんて自分には関係ないと思っていませんか?

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.