体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

アトピー性皮膚炎の治し方:自力で治した方法を伝授いたします!

2021/10/09
 
洗面台
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

11月12日は「いいひふの日」です。

スポンサーリンク

アトピーさんのつらさは経験者でないとわかりませんよね。痒いとか痛いとかもそうですが、ヒトから見てすぐわかるというのもいいのか悪いのか・・・。特に初対面のヒトに会うとか、面接に行くときとか、気になりますよね。


顔の造作は整形でもしないと変えられませんが、大丈夫、皮膚の健やかさはきっと取り戻せます。
私だってできたのですから。もちろんヒトによって体質はまちまちなので、様子をみながら、無理せず、焦らず、試してみてください。

千里の道も一歩から、「すぐに、楽に、~だけで」なんて詐欺広告みたいに、荒れた皮膚があっという間に綺麗になるなんて幻想は抱かず、地道にこつこつやることです。もちろん皮膚科にも行ってくださいね。

そもそもアトピー性皮膚炎とは

ご存じの通りである。痒みを伴う皮膚炎。原因ははっきりしないが、皮膚が乾燥し、バリア機能が壊れ、刺激に過敏になり、アレルギー反応が起きる。肥満細胞から痒み物質が放出される。IgE抗体を産生しやすい素因を持つヒトがなりやすい。
赤くかさかさしているのか、丘疹がじくじくしいるのか、紅斑、糜爛、鱗屑があるかどうか等で外用薬が決まる。

治療は?

基本的には対症療法となる。痒みを抑え、広範囲にならないようにする。主に外用薬、場合によっては内服薬となる。「脱ステロイド療法」なる治療法はない!用法・用量を守っている限り、怖い薬ではない。
テレビや週刊誌、一部の変な(失礼!)ドクターを鵜呑みにしてはいけない。医者だっていろいろなのだから。
まずは皮膚科認定医で気の合う先生を探そう。私は6軒くらい回ってやっと見つけた。

塗り薬(処方薬)

ステロイド外用薬:強さにより5ランクに分けられる。どうか怖がって避けないでもらいたい。
1日2回、薄く塗る。症状がひどいときはまず症状を軽くすることが先決である。痒い(私は顔が痛かった!)というのはつらいものだ。

痒い→掻く→掻き壊す→血が出る→象のような黒っぽい肌になる、という悪循環(イッチ・スクラッチ・サイクル)をまずは断ち切らねばならない。また止める時も急に止めるのではなく、段階を踏んで徐々に減らす、グレードを落とすなどする必要がある。急に止めると再燃(前よりひどい再発)してしまう。

  • ストロンゲスト:デルモベート、ジフラール、ダイアコートなど。
  • ベリーストロング:アンテベート、フルメタ、リンデロン-DPなど。
  • ストロング:ベトネベート、リンデロン-Vなど。
  • ミディアム:アルメタ、ロコイドなど。
  • ウィーク:プレドニゾロンなど。

タクロリムス軟膏:1999年から使われているプロトピック軟膏。最初は少しぴりぴり感があるが、じきに馴れてくる。強い副作用も無いので主に顔の皮疹に勧められる。何と言っても顔の皮膚はラップより薄いので。ステロイドのストロングクラスの効果が見込める。私もこれを処方された。
リンパ腫や皮膚ガンになるという話も出たが、マウスとヒトでは皮膚が違ううえ、そう長く血中濃度が高く維持されるわけでもないので、心配は要らない。

ただし、おでき、にきび、粘膜には使用禁止、である。もちろん日焼け、日サロも好ましくない。

塗り薬(薬局等で調達できるもの)

白色ワセリン(サンホワイトが一番お勧め)、尿素軟膏、ヘパリン類似物質含有軟膏など。
これらは治ってから、あるいはかなり軽いときに使用するもので、ひどい時にはきちんと皮膚科に行って診てもらおう。
ひとつしかない顔にあばたでも残ったら悲しいから。

飲み薬

第一世代抗ヒスタミン薬(アタラックス、レスタミンなど多数)、第二世代抗ヒスタミン薬(アレロック、ザイザル、タリオンなど)、それ以外(インタール、リザベンなど)がある。

シクロスポリン(ネオーラル)は2008年からアトピー性皮膚炎に使えるようになったが、成人の難治・最重症例に限り、しかも3カ月以内と指針で決められている。

スキンケア

基本は何と言っても毎日のスキンケア。皮膚のバリア機能が落ちているので、毎日のシャワーや入浴を欠かさないことである。髪の毛や汗も刺激になって痒みが増す。
ボディソープより石鹸がいい。もちろんナイロンたわしやボディタオルでごしごしは駄目!
よ~く泡立てて自分の手のひらでそっと洗おう。合成洗剤で洗うのは皮脂を落としすぎて皮膚常在菌のバランスを壊してしまう。

何だったら石鹸使うのは足の裏、脇の下、肛門くらいでも十分。
洗いすぎ、擦りすぎが原因の場合が結構ある。私もそうだった。


また入浴直後は水分で潤っているように見えるが、速効乾いてかぴかぴになってしまうので、すばやく保湿することが望ましい。お高い化粧水なんか要らない。香料は結構肌を刺激するのでそのせいでかぶれることもある。
私は自分で作って塗っている。作り方は下に記載↓。

食事

まずインスタント食品、安いお菓子や菓子パンなどを止めるのが一番手っ取り早い。私は株式の前場と後場の間にインスタントばかり食べていたので、発症したのは株価乱高下のストレスとそのせいだと思っている。


そしてとにかく野菜を摂るべきである。そしてフルーツは野菜の代わりにはならない。
一日家にいて自分で調理できる主婦とかなら簡単だが、勤めに出ているとランチはどうしても時間と予算の都合で肉料理(牛丼や唐揚げ弁当など)やコンビニ弁当になりがちである。

だから朝抜くというのはとんでもないことである。とても毎日の必要量を賄えるものではない。
ビタミンや微量ミネラル、必須アミノ酸、食物線維を摂ろうと思ったら小食のヒトや一日2食とかでは無理である。
倒れるか、変な病気(失礼!)になるのが関の山である。
ヒトは食べた物からできている。今食べようとしているものが、あなたの体にいいものか、必要な栄養素を備えているか、考えてから食べてほしい。お値段やカロリーばかりではなく。

化粧水の作り方

超簡単!である。しかも安い!
精製水45mlにグリセリン5mlを混ぜる、以上!
そして100円ショップでも打っているアトマイザーにでも入れ、1週間くらいで使い切るようにする。
水というのは腐るものなので。

メーカー品の化粧水が何年経っても腐らないのは、防腐剤がたっぷり入っているからに他ならない。
まあアルコールの力もあるかも知れないが。

注意報

いつもどきっ!とするが、アトピーさんは結構、痒いからと目をごしごし擦るヒトが多い!
見ていてはらはらする。
友人なら「止めなよ」と言うが、まさか知らないヒトには言えず、抑えているが。
瞼は瞬きできるよう特に皮膚が薄くなっているし、目は剥き出しの臓器なので、外力に弱い。
網膜剥離になるアトピーさんが多いので、絶対こすらないでもらいたい。

皮膚についてもっと知りたい方はこちらも→ 皮膚:アトピー、汗、ヒスタミン、セロリ皮膚炎、痒みの表現(英語)

健康についてはこちらも→ サプリメントの秘密:良かれと思って飲んでいるそれ、安全ですか?

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.