体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

恋です!ヤンキー君と白杖ガール:水曜日22:00から始まる日テレドラマ

2021/09/20
 
女性の瞳
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

弱視の女性が主人公になるのは初めてかも。原作者の「弱視」というものを知って欲しいという思いで始めたWeb漫画が遂に実写化となったそうです。広く知ってもらうという効果は抜群でしょう。
テレビの影響力はいまだかなり大きいですから。このドラマを通して、フィクションではあっても、知らなかった「弱視」の方のことを知るのは意味のあることでしょう。近くにそういう方がいないと、見えるのが当たり前の私たちはまるで気づかないこともあるでしょうから。
杉咲花さんを主役に、どう展開していくのか、楽しみです。

スポンサーリンク

弱視とは

「見た」ものは角膜→水晶体→硝子体を通り、網膜の中心窩(網膜の中で視力が一番良い部分)にピントが合ったとき、その情報が視神経を通って脳に伝わる。「見る」とは脳が情報として認識することをさす。
弱視はこの視覚情報が伝わる経路のどこかに支障がある。通常視力の発達の感受性期(生後1カ月~8歳頃)に片目あるいは両目に適切な視覚刺激を受け取ることができなかったため、視力の発達が止まったり遅れたりすることが原因となる。


ヒトは情報の8割を目から取り入れるそうだ。大事にしよう。加齢黄斑変性、白内障、目の病気はいろいろある。
80歳過ぎると100%の方が白内障になる!のだ。
麻酔するとはいえ、目の手術なんて考えただけで・・・。

日本眼科学会・眼の構造より

種類

  • 形態覚遮断弱視:網膜に光を通しにくい。生まれたときからまぶたが下がっている(眼瞼下垂)、黒目の部分が濁っている(角膜混濁、白内障)などの病気があるため網膜に刺激が十分に入らず、視力が発達しなかった。
  • 斜視弱視:片方の目の位置がずれている。ものを見ようとするときに片目は正面を向いていても、もう一方の目が違う方向を向いてしまっている状態のこと。片目の視線がずれているため、その目が使われず、視力が発達しない。
  • 屈折異常弱視:網膜にきちんとピントが合わない。両目に強い遠視や乱視があると網膜にきちんとピントが合わない。このような状態で放置され、視力が発達しなかった。
  • 不同視弱視:右眼と左眼の屈折度数(近視、遠視や乱視などの屈折異常の程度)に大きな差がある。
    左右の屈折度数の差が大きいと、度数の大きい方の目にはピントが合わず、その目が使われないため視力が発達しなくなる。

治療

屈折異常があるなら眼鏡使用とし、視力の発達を促すようにする。
眼鏡使用だけで改善が見られなければ遮蔽訓練を行う。視力の良い方にアイパッチを付け、悪い方の目で見るようにする訓練。眼鏡の上から付ける場合もある。

白杖(はくじょう)

全盲の方だけが持つわけではない弱視視野狭窄(視野が狭まっていること)などの「目が見えにくい」状態の方も使う。
視覚障害者は白杖を持つよう、道路交通法で義務付けられているため。全盲でなくとも、よく見えない状態で、車が行き交う道路や段差の多い街中を歩くのは危険である。
ドライバーにも白杖を使用していれば「目が不自由な人」なんだな、とすぐにわかる。


また役割は主に三つある。ひとつはもちろん、路面の状態を知ること。ひとつは体の支え(サポートケーン)として身を守る。今ひとつは「よく見えない」と他人に知らしめることである。
ロングケーンには直杖と折りたたみ式がある。


道に黄色いでこぼこ(点字ブロック:正式には視覚障害者誘導用ブロック)✿があるのは彼らのための目印である。そこに堂々と自転車を止めたり、店の商品やゴミ箱を置いたりするのがいかに危険か、考えないヒトが多いようである。
「知らない」というのは悪意はなくともだれかに迷惑をかけたり、害をなしたりするものなのだ。
私も大いに反省!この記事を書くため調べてみて、知らないことが結構あった。

✿点字ブロック:縦長と丸点の2種類がある。線から点に変わることで「注意しなきゃ」と気づくことができる。

  • 線状ブロック:棒タイプは進む方向を示すもの。
  • 点状ブロック:信号などの注意を促すもの。

盲学校

全国に国公立、私立合わせて70校ほどある。教員の異動を定期的に行う自治体が多いため、せっかく蓄積した専門性や知識、経験が活かされない。視覚障害教育に精通した教員が盲学校には絶対に必要である。
また文部科学省は2006年に盲・聾・養護学校を特別支援学校と改めたが、「特別」という呼称には共生社会を目指すノーマライゼーションの理念から、違和感を持つヒトも多い。

目のことについて知りたい方はこちらも→ 目:白内障、緑内障、ドライアイ、加齢黄斑変性、まつげについて!

日本眼科学会はこちら→ https://www.nichigan.or.jp/

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.