体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

急性腹膜炎:香里奈さんがなった病気、その原因と治療法は?

2021/09/09
 
消化器解剖図
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

とにかく早期治療開始が必要な病気。一日も早く回復されるといいですね。痛さや痒さは本人にしかわかりません。
コロナ対策でお見舞いもままならない時期です。お腹が激烈に痛いの、つらいです!
お食事中の方、一部表記にご注意ください。

スポンサーリンク

どんな病気なの?

本来は無菌であるはずの腹腔内に細菌や毒素などが侵入、炎症が起きている状態。腸を包んでいる腹膜が炎症を起こす。消化管(胃、大腸など)の壁に孔が開くということは、つまり胃液にまみれた食物や便が腹部に漏れ出てしまうということ。それは痛いに決まっている。
緊急手術が必要となる。 腹水が溜まっているようならドレナージ(この場合では腹に針を刺し、膿を体外に排出させる)も必要となる。

原因

虫垂炎、つい先日私がなった大腸憩室炎、消化管穿孔、腸閉塞、胆嚢炎など、実にいろいろある。

なりやすいヒト

NSAIDsを常用しているヒト(消化管に孔が開くリスク高し)、開腹手術を受けたヒトなど。

どんな症状?

持続する激しい腹痛、悪心・嘔吐、下痢、発熱、頻脈、呼吸が浅く速くなる、など。

病院に行ったらどんな検査される?

  • 血液検査:白血球数、CRP値✿を測定する。
  • 腹部レントゲン検査:できるだけ早めに。
  • CT、MRI:できるだけ早めに。原因が不明の場合は造影CTも必要。
    ✿CRP:C反応性タンパク質。0.3mg/dl以下が正常。体内に炎症があると数値が上がる。どこにあるかまではわからない。

治療は?

  • 血圧の維持:点滴を行う。
  • 電解質の補正:ナトリウム、カリウムを補正する。
  • 輸血:貧血があれば。
  • 薬:細菌感染している場合が多いので、すぐ抗生剤の点滴静注。ビクシリン、ゲンタシン、ダラシンS、ロセファンなど。
  • 手術:孔が開いた部分を治療、腹腔内の洗浄もする。
  • 入院:1週間~10日程度。

予防はどうしたらいい?

  • 開腹手術を受けたら下痢や便秘にならないようにする。
  • 胃潰瘍のヒトはピロリ菌検査、いるなら除菌をする。
  • NSAIDsを頻繁に服用しているヒトはやめるか、PPI(プロトンポンプ阻害薬)を併用して消化管を労る。

予後は?

広い範囲に拡がってしまった腹膜炎(汎発性腹膜炎)では術後30日以内の死亡率や入院中の死亡率が高い。

消化器についてもっと知りたい方はこちらも→ 消化器:口から肛門までの長~い道のりとそれにまつわるお話。

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.