体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

デルタ株:感染者とワクチン済み、どちらが再感染リスク低いの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

自然感染したヒトはファイザーワクチン(BNT162b2)の2回接種完了者より、デルタ変異株の感染しにくく、発症も入院もより免れていることがイスラエルの試験でわかった。

スポンサーリンク
αからΩまで、覚えていますか?

解析結果

イスラエル人約250万人のデータベース解析で、この夏6/1~8/14のデルタ株感染率が調べられ、自然感染したヒトよりワクチン2回接種済みのヒトの方が感染が6~13倍も高いという結果が得られた。

また既感染者の発症率は未感染ワクチン接種者の1/27、covid-19関連入院率は1/8で済んでいた。
ヒトの生来の免疫系がいかに優れているかを物語るといえる。とはいえ、ワクチンが重症化や死亡を防ぐ効果に疑いの余地はない。ワクチン接種が嫌だからといって、自然感染しようとするのは暴挙である。

ワクチンによるcovid-19関連死亡は1例もなく、ワクチンは重症化を防ぐのに有効である。
また感染経験とワクチン接種が合わされば一層寄せ付けなくなることも示された。感染経験ありでワクチン1回のヒトの再感染率は感染経験ありワクチンなしのヒトのおよそ半分であった。

結論として、感染経験があるにしてもワクチン2回接種は必要であり、効果も高いといえる。
実際アメリカ、日本では感染者にも2回の接種を推奨している。
しかしドイツ、フランス、イタリア、イスラエルなどでは感染経験者は接種1回としている。
未感染でワクチン1回だけではめぼしい抗体価の上昇は見られず、2回接種後2週間経った頃が一番のピークとなり、その後低減していくようである。感染したからワクチン不要とはならないし、接種した方がリスクを減らせる。

中和抗体価

個人差が大きく、300あればまあ効果があると思われる。多いヒトでは5,000というヒトもおり、臓器移植した患者さんなどでは2回接種してもあまり抗体価が上がらず、3回目でぐっと上がるということもわかってきている。

必要なヒトにブースター接種がなされることを願うばかりである。自分勝手に3回、4回接種したヒトが数人出ているが、あれば詐欺行為であると同時に、だれも責任が取れない危険な行為である。メーカーですら、推奨していない。
一定期間を空けるのは安全のためでもある。
今後は名前を発表し、ワクチン代金も徴収していただきたい。
打ちたいのにまだ打てていないヒトたちがいるのに、身勝手も甚だしいことである。

covid-19についてもっと知りたい方はこちらも→ COVID-19:感染したら処方される薬とその作用を理解するための用語を解説。

                                                                                                                                                            

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.