体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

医学用語:コロナに限らず、情報を理解するには多少の知識が必要です。

2021/10/15
 
学習
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

学習はこどもだけがするものではありません。
自分だけでなく、家族、周りのヒトたちを守るためにも、多少の知識が必要です。
また損しないためにも。
医学、法律、税金、役所へ申請する、あらゆることが「知っている」前提で運用されているからです。

スポンサーリンク

パソコンが苦手、スマホを持っていない、検索できない、ニュースを見ない・・・絶対損します!
生まれつき、何でもできる、何でも知っているヒトなんていないのですから、今からでもできるようになります。
くれぐれも「還付金を返す」と言われて送金なるなんて、しないでいただきたい。
ろくな効果もないサプリや化粧品を高額で売りつけられたら、馬鹿らしいではないか。

18,000文字くらいありますので、Windowsの方はCtrlキーとFキー同時押しで検索窓を出し、イベルメクチンなどと単語を入れてみてください。該当なしだったらごめんなさい。


来年からCOVID-19ワクチン、値上がりします。ブースター接種も国によっては始まっています。
ファイザーのブーラCEO、やり手です!日本の総理やワクチン大臣もこのくらい素早い仕事してくれたらいいのに。

ぜひ覚えてほしい単語は黄色の帯にしています。お食事中の方も安心してどうぞ。

中和抗体

ウイルスに結合して無力化する抗体 (antibody) のこと。今最もホットな単語である。そしてなぜかCOVID-19ワクチン接種後の中和抗体価は女性の方が有意に高い。
また免疫抑制剤を服用している方は抗体価が低く、花粉症などで抗ヒスタミン剤を服用している方は抗体価が高いというデータも出ている。花粉症のヒトには若干の朗報か。

PCR検査

ポリメラーゼと呼ばれる酵素を利用して、唾液や鼻・喉の粘膜から採取した検体中に含まれる微量のウイルスの遺伝子を増幅させ、検体中のウイルス量を調べる検査をいう。ドクター・マリスありがとう!ご冥福をお祈りいたします。

アデノウイルスベクター

ベクターとは「運び屋」のこと。アデノウイルスが持つ病原性に関する遺伝子だけを取り除き、新しく組み込んだ遺伝子をヒト体内に運ぶために作られる。

mRNAワクチンとは

病原体、たとえばCOVID-19の遺伝子を取り出し、ヒトヒトに接種するもの。それを取り込んだヒトの細胞が、病原体の構造タンパク質を作り、これを異物と認識することで抗体ができる。いってみれば感染の模擬練習。
mRNAは体内ですぐに壊れるので、DNAを乗っ取られる心配はいらない。国家に操られることもない。

ウイルスベクターワクチン

ウイルスのタンパク質(抗原:antigen)の元となる遺伝子を人工的に組み込んだもの。ヒトには無害のウイルスで作られたワクチン。ヒトに接種するとヒト体内でこのタンパク質が発現、抗体 (antibody) が作られる。
だれかに操られるなんてことはない。

スパイクタンパク質

COVID-19ウイルスの外側にある突起がヒトの細胞の表面にあるタンパク質と結合することにより、ヒトの細胞内に侵出、感染が成立する。

ブライトン分類

アナフィラキシーの重症度をはかる基準。1~5まで。5は診断の必須条件を満たさない(アナフィラキシーではない)、1は最も重症で、メジャーな皮膚症状とメジャーな循環器症状が見られる。

EBM: (Evidence-Based Medicine)

1990年代初頭に提唱された概念。科学的根拠に基づく治療
ヒトの行動は複雑、多岐にわたるため動物実験のデータはそのまま鵜呑みにはできない。そこで大勢のヒトを対象に、比較する相手を公平に、長い年月をかけて結果を見届ける、という3条件を満たす研究手法で得られたデータエビデンスという。

CMでよく見る「個人の感想です」は当てにならない。飲んだ人と飲まなかった人を大勢で調べても数年調べてみないと結果は出てこない。短期間の調査はいい結果になることが多いため、メーカーは副作用が出ない、予算のかからない短期で終了してしまうことが多い。儲けるためにやっているのだから。
長く服用すると効果が薄れたり副作用が出て来たりと結果が悪くなることが多いため。

エビデンスのピラミッド

効果が「ある」、「ない」という100か0かで表せるものではない。グラデーションがある。試験管やマウスで効果があってもヒトで効果が出なければ効果があるとは言えない。ヒトと他の動物では感受性が違う。そのため添加物の許可には安全係数100をかけている。
○○さんの体験談はそもそも枠外。専門家(大御所、××大学名誉教授)の意見であっても鵜呑みにはできない。
その理論や情報がどの論文やガイドラインなどに基づいて立脚したものなのか検証が必要。

  • レベル1:メタアナリシス、システマティックビュー
  • レベル2:ランダム化比較試験(RCT)
  • レベル3:非ランダム化比較試験
  • レベル4:コホート研究、ケース・コントロール研究
  • レベル5:ケースシリーズ症例報告
  • レベル6:論説・専門家の意見
  • その下:動物実験、in vitro(試験管)の研究

HER-SYS(ハーシーズ)

厚労省の「新型コロナ感染者等情報把握・管理支援システム」のこと。2021/1/1~2021/8/31のデータ分析によればこの7~8月だけでワクチン接種を受けた65歳以上のうち8,000人も死亡を抑制した可能性があるとのこと。
90歳以上の方では1月の死亡率が15.56%だったのに対し、7月には5.64%に下がったことからみても、ワクチンの効果は覿面に出ているとみてよいであろう。ワクチン打てば決してかからないわけではないが、少なくとも罹患率低減、かかっても重症化する率は減らせる効果はあるといえる。
ガンの患者さん、臓器移植した方でも接種している。打てない体質の方はそう多くないはずである。できれば打っていただきたい。あなたと、周りの人たちの安全のために。

COVID-19ワクチン、値上げ確定!

COVID-19のワクチン、日本ではファイザー、モデルナ、アストラゼネカの3社が許可を受け流通している。
が、もうヨーロッパの来年分は値上げが決まっている。ファイザー社の場合、現在約2,000円のところ、2022年からは2,530円になる。モデルナ社の場合は2,470円が2,780円になるそうだ。金額は私がざっと円換算したものである。

ところで国が買い上げて各自治体や法人、大学などに無償で分配しているおかげで医療者も一般人も無料で接種してもらえているが、この金額を無駄にした自治体や法人の係の人たちは認識してくれているのだろうか?何千人分パーにしました、と気楽に詫びているが、元はすべて税金である。しかも日本だけ安くもらえるはずはないから、もっと高く売りつけられているかも知れない。とすると、無駄になった分はおいくらになるのか・・・?

変異株 (VOC :Variant of Concern)

米疾病管理予防センター(CDC)は、アメリカ食品医薬品局(FDA)が緊急使用許可したSARS-CoV-2ワクチンの接種を2回とも完了したアメリカ国民のSARS-CoV-2感染状況と変異株感染の傾向を知るため、国内各地方の保健局と協力し、2021年4月30日までの状況を調査、報告した。

それによれば、ブレイクスルー感染 (Breakthrough Infection) 者のうち2,725人(27%)は無症候性、995人(10%)は入院、160人(2%)が死亡していた。しかし死亡した患者の年齢の中央値は82歳(四分位範囲71~89歳)で、28人(18%)はCOVID-19の症状がない状態、またはCOVID-19とは関連しない原因で死亡していた。


ワクチンを2回接種してから14日を経過した人たちのブレイクスルー感染は、SARS-CoV-2感染者全体に占める割合が著しく少ないことがわかった。でなければ2回も注射する意味がない。

2021年4月30日までに、ワクチンの接種を完了したアメリカ国民は約1億100万人に達していたが、引き続きアメリカ国内の多くの地域で、高いレベルのSARS-CoV-2感染が起きていた。
2021年4月24~30の1週間に報告されたCOVID-19患者は約35万5,000人だった。またVOCの感染者は、SARS-CoV-2感染者のおおよそ70%を占めていた。かなりが変異株に置き換わっているといえる。
日本でオリンピックなんかやって、その後どうなるのか・・・変異株の培養器にならないか心配でならない。

追伸:ならずに済んだようだ。しかしまだ油断はできない。冬に向かって、暖房が始まるといきおい換気が抑制されるので、危険だ。その上Go To Travelまで再開しようとしている。業者のために、わからぬものでもないが、行くならよほど気をつけてもらいたい。子どもたちはワクチンなしで丸腰なのであるから。ワクチン2回接種しても感染の可能性がゼロになるわけでもないし。あなたが重症化しないとは、だれにも保証できないのだから。

鼻血の止め方

いきなり話変わりますが、鼻血の80~90%はキーゼルバッハ部位からのもの。
何と、鼻血で救急要請するヒトが多いのだとか。 まずは落ち着きましょう! そして小鼻の膨らんだ部位、硬い所と柔らかい所の境目を強く抑えましょう。20分くらい(長い!)。上を向く、首をトントンは意味がないのでやめましょう。少し下を向きましょう。口に血が流れて気持ち悪い場合は、遠慮なく体外に出してください。鼻血で出血多量になることはまずありません。ティッシュやワタを鼻に詰めた場合は半日!そのままにしてください。
剥がすとき再出血するおそれがあるので。初めから入れないことをお勧めします。ただ20分押さえても血が止まらない場合は、まず#7119に電話し、お近くの耳鼻咽喉科を紹介してもらうか、救急車を呼ぶか、相談してください。
ちなみに「チョコレートで鼻血」は根拠のない迷信なので、食べても差し支えありません。あくまで適量の範囲で。

Zoom Class

covid-19蔓延以来、アメリカで新語ができている。これもそのひとつ。つまり、Zoomなどを駆使して在宅勤務ができるホワイトカラーの知識層と、通勤しないと成り立たない職種や在宅勤務ができる環境にないヒトとの間に溝ができてしまっているという意味。

ジャーナル四天王

世界的に権威ある医学雑誌。NEJM、Lancet、JAMA、BMJのことをさす。ここに論文が載ればなかなかのものと言える。たまに取消もあるが・・・。大抵は初めて発表されるものなので、査読する雑誌側も医師とはいえ、理解しきれない場合がある。ただ、実験はだれがどこの国でやっても同じ結果になるはずなので、STAP細胞みたいに特定の人しかできないということはあり得ない。

ポリファーマシー

多剤併用のこと。高齢者だと、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症だのなんだのと複数の持病があり、それぞれの科で処方されているため飲みきれないほどだったり、効果がだぶる組み合わせがあったりして、結局副作用が出てしまうということがままある。
だからお薬手帳を提示することが必要なのである。薬剤師なら気づいてくれる。医師は自分の担当科の処方しか頭にないから、他科で何を処方されているか、患者さんが自分から言わない限り、まず気にしない。
そもそも自分の飲んでいる薬の名前さえ言えない方も多い。だからお薬手帳 (1冊にまとめてね!) が必要なのである。薬やパッケージの色で言われても困る。自分の飲む薬くらいは覚えておこう!

錠剤

舌下錠:舌の下に入れて唾液で溶かす飲み薬。狭心症発作の薬など。

OD錠:口腔内崩壊錠。唾液で溶けるので水なしでも飲める。嚥下障害のヒトでも飲みやすい。

バッカル錠:歯と歯茎の間に挟み、唾液でゆっくり溶かす飲み薬。

チュアブル錠:噛んで唾液で溶かす飲み薬。

トローチ:舐めて溶かす飲み薬。

腸溶錠:胃ではなく、腸で溶けるように工夫された飲み薬。

徐放錠:効き目が長くなるようなコーティングをした飲み薬。

糖衣錠:苦みをマスキングするため甘くコーティングした飲み薬。

付着錠:口内炎など患部に付着させて吸収させる薬。

粒状錠:飲み込みやすさを追求した飲み薬。高齢になると唾液分泌が減り、えん下困難にもなる。

アンメットメディカルニーズ

まだ効果的な治療法が確立していない疾患に対するニーズ。ガン、認知症から偏頭痛、不眠症まで、幅広い。

ギラン・バレー症候群 (Guillain-Barre Syndrome)

感染症やワクチン接種などをきっかけに、免疫異常によって発症する神経疾患。
両足に力が入らない(筋力低下)、痺れ(異常感覚)などの症状が起こる。軽症ならば自然治癒するが、ときに入院による治療を必要とする。

指定難病(333疾患)

  • 指定難病医療費助成により 医療費の公費負担が受けられる。
  • 障害福祉サービス等を利用できる。
  • 障害の程度により、身体障害者手帳の交付や介護保険の要介護認定を受けられる。。
  • 自治体によっては公共施設利用料の減免があることもある。
  • 小児の場合、小児慢性特定疾病医療費助成が受けられる。
  • 医療費の公費負担が受けられる。

お住まいの自治体の審査により対象患者であると決定されると、「特定医療費(指定難病)受給者証」が交付される。疾患ごとに所定の診断書(臨床調査個人票)を難病指定医に記載してもらう必要がある。
申請書類は地区町村のホームページからダウンロード可能。

脊髄空洞症 syringomyelia

6/4、芸能人の柏木由紀さんがかかったと発表された病気について、みなさま興味があると思いますので、ちょっと調べてみました。すべては興味を持つことから始まります。自分で調べてみるという姿勢は大切です。

◆病態

脊髄内の空洞形成を示す病的状態。以前は脊髄中心管の異常拡大を水髄症と呼び、中心管とは交通のない髄内空洞形成を脊髄空洞症と呼んで区別していたが、両者は必ずしも区別が明確でなく、混合も多いため、現在は脊髄空洞症と総称している。


◆原因

キアリⅠ型奇形(アーノルド-キアリ症候群)、キアリⅡ型奇形などの先天異常、大槽部くも膜炎など大槽部病変、さらに脊髄腫瘍、脊髄外傷、脊髄くも膜炎、その他の出血などがある。

これら以外に原因不明の特発性脊髄空洞症がある。診断はMRIによって容易に確定される。20世紀前半まではモルヴァン病(無感覚性単麻痺)と同義語とされた。

◆治療

キアリ奇形(Ⅰ型)によるものは、後頭蓋窩から大孔の開放術、空洞・くも膜下腔のシャント術などが行われる。

医療系廃棄物

某クリニックではCOVID-19前と比べて何とごみの量が20倍にもなった。何かとディスポーザブル (使い捨て) にしなければならないので、やむないことである。感染予防というのは経費もかかるのである。事業系ゴミはもちろん有料であるし、注射針など医療系廃棄物は専門業者に依頼するため更に経費がかかるのである。
たまにマスクを数日 (?) 使い回ししている方を見かけるが、あれでは感染予防にならない。
ご自分のためにも周りのヒトのためにも、もったいないが、使い捨てでお願いしたい。

イベルメクチン

もう40年前から世界中で約3億人に使われてきた抗寄生虫薬。線虫、疥癬、オンコセルカ症に使われ、アフリカの子どもたちもたくさん助けてきた。
2021/6/9、北里研究所とMeiji Seikaファルマはイベルメクチン誘導体の共同開発を開始した。COVID-19の治療薬として、である。薬価も安い。これで治療できるならワクチンが買えない最貧国も助かるだろうに・・・。
しかしMSDはあまり気が進まない。もう特許が切れている安い薬より、新薬の方が儲かるのだから。

DNA (deoxyribonucleic acid)

遺伝情報の継承と発現を担う高分子生体物質。ヒトの体内では核の中、染色体にあり、 A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の4種類の部品からなる。DNA内ではアデニンとチミン、グアニンとシトシンが水素結合し、塩基対となっている。二重螺旋で染色体を折り畳んでいる。書籍30,000冊分くらいの遺伝情報が収まっている。ヒトの体の設計図といえる。

毎日20本喫煙するヒトの肺細胞には毎年、約150ヵ所の突然変異ができ、禁煙してもそれは残るそうだ。さらに1日1箱の喫煙は、咽頭・喉頭の細胞に97ヵ所、口腔内の細胞に23ヵ所、膀胱内の細胞に18ヵ所、肝臓の細胞に6ヵ所の突然変異を生じさせるとのこと。覚えきれない!この研究結果はアメリカの「サイエンス」に発表された。

筆頭著者のマイク・ストラットン教授は「これら細胞の突然変異は、自然に生じる変異のプロセスが喫煙によって早められたかのようだが、このメカニズムは不可解で複雑」と語った。そもそも多くのガンは自身の正常細胞の遺伝子が傷つき突然変異を起こすことから始まる。B型肝炎のように外から来たウイルスに起因するガンもあるが。

RNA

アデニンとウラシル、グアニンとシトシンが水素結合して塩基対を形成している。ウラシルはチミンと同じピリミジン骨格なので、アデニンと塩基対を形成できる。ウラシルはチミンのメチル基が水素基に置き換わった塩基である。

チャンピックス

ファイザーの禁煙補助材。2021年7月28日、ファイザーはチャンピックス錠1mg(一般名バレニクリン酒石酸塩)について、一部ロットの自主回収を開始したと発表。同社の定量試験で一部の製造番号品に社内基準値を超えるN-ニトロソ-バレニクリンを検出したのがその理由。

N-ニトロソ-バレニクリンとは、ニトロソアミン類に分類される化合物。ニトロソアミンはヒトに発ガン性があるとされる物質のひとつである。

回収の対象製品は1mg錠の製造番号EP9481。製造番号が不明な場合も回収の対象とする。
しかし2週間分の薬剤が入っている「スタート用パック」に含まれる1mg錠は回収の対象外だそうだ。

これを受け日本禁煙学会は、禁煙補助薬の需給バランスが崩れ、別の禁煙補助薬であるニコチネルTTS (グラクソ・スミスクライン) も品薄となってきており、禁煙治療薬を用いた治療が行えなくなることを懸念している、とのこと。

サーカディアン・リズム

概日リズム。いわゆる「体内時計」である。ヒトの体は25時間で一区切りになっている。そのため24時間単位で生きようとすれば当然誤差が発生する。そしてそれを調節してくれるのがメラトニンである。夜勤や時差ぼけ、不規則な生活はできればしないに越したことはない。仕事であれば拒否もできないが・・・。体に響くことは間違いない。
朝起きたらまず陽を浴びよう。体を実質的に目覚めさせる必要がある。陽を浴びてから15時間後に眠くなるようにセットされているのだから。

~先生侍史

敬意を表す手紙の脇付。「直接は畏れ多いから書記を通して渡します」という意味。秘書がいないペーペードクター(失敬!)にもこう書いて出すのが礼儀らしい。製薬会社のMRさんたちもそうしている。

ちなみに医学部の学生は在学中から教授に「××先生、どう思う?」と授業中聞かれる。そうやって「先生」らしくなっていくのかな?

セロコンバージョン

抗体陽性化を指す用語。抗原が消失して抗体へ陽転すること。簡単に言えば抗体が増えてめでたし、めでたしということ。コロナの話題で最近よく見かける単語。

これまではB型肝炎でよく使われていた。肝障害の強いB型慢性肝炎ではセロコンバージョンが治療の目標となっており、セロコンバージョンによって肝障害が落ち着くことが多いからである。

エッセンシャル・ドラッグ

WHOが最小限必要と認めた代表的な薬。約300種類。薬というものは必要なときに使うものであって、娯楽や自殺のために使うものではない。スマホのカメラ機能と同じく。開発者の苦労を考えてもらいたい。
自己判断で量を増やしたり、急に止めたりするのは甚だ危険である。
ハロペリドールを開発したベルギーの薬理学者ポール・ヤンセン(1926~2003)が開発した薬が5品目も選ばれている。

医師法

第44条まである。第19条で応召義務が明記されている。

応召義務

医師が国に対して負う公法上の義務。医師法第19条1項の「診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない」との条文。応招義務違反に対する刑事罰はないが、医師免許の取り消しなどの行政処分を受ける可能性がある(実際の処分例は確認されていない)。
また診療拒否によって患者に損害を与えたと認められた場合、民法709条の「不法行為」に当たるとして、医療機関や医師が損害賠償を求められることもある。

ただ暴れる患者、看護師に暴言・暴力を振るうような者は強制退院されてもやむなし、である。いくら病気による譫妄であっても、顔を殴られ、めがねが壊れ、患者にも病院にも弁済してもらえないとしたら、そりゃ気の毒ではないか。看護師は女性が多いせいか、医師よりはるかに多く暴力やセクシャルハラスメントを受けている。
入院したらお世話になるのだから、最低限のマナーは守ろう

オンコール

病院から30分以内、あるいは5㎞以内に居住するなどして、患者急変に休日でも駆けつけられるよう待機しておくこと。その科の常勤医がひとりの場合はきつい。
年俸に含まれるが、実際に駆けつけたときは手当が支給される。麻酔科などの夜間・休日などはアルバイトの医師が募集されることもある。

医師免許

原本と保険医登録証(これがないと自由診療しかできない)が必要。紛失したときは厚労省に再発行申請書を提出する。

医師会

何かと話題の日本医師会だが、ひとつ入ればいいのではない。日本で入り、東京都で入り、品川区で入り、のように3重に入らなければならないのだ。しかも会費が馬鹿げて高い!しかし入っていないと、今回の場合であれば、コロナワクチンが割り当てられない、とかいうことになる。同じ開業医でももらえる医院ともらえない医院の差は入会しているかどうかなのだという。
また自民党の集票マシーンであり、日本の開業医のロビー団体でもある。会長に愛人 (?) がいようと彼女の年収1,800万円だろうと、まあいいが、この危機的感染蔓延を政治利用はしないでもらいたい。

医師

概ね6年目になると主治医としてひとりで患者さんを担当する。治療方針から点滴、投薬のオーダー、各種書類や外来治療を行う。ダブルチェックがなされない。研修医に指示を出すことはあっても同科の他の医師の目が届くことはない。卒後10年なら10年前の医学しか学んでいないと自覚する必要がある。ベテランほど知識が古くなりがち。薬や術式、医療機器は日進月歩、学会や医師会など、勉強し続けていないと時代から取り残される。

ちなみに気管挿管ができるドクターは7%しかいない!そうである。またアナフィラキシーを診たことがないドクターも少なくない。総診 (総合診療) や救命救急の経験があると横断的にいろいろな科に関わるため、勉強になるのであろう。

医師といえども大学病院は給与が安い。難病も診られるし、最先端の医療機器に接することもできるので勉強にはなるが。稼げるのは自由診療できる形成外科クリニックに勤めている医師や才覚があってフリーランスでやっていける医師、2代目以降の開業医たちである。1代目は設備投資がかかるから結構きつい。まあ社会的信用が厚いので、融資を受けるのは比較的簡単であるが。
それに医学部の学生というだけで合コンでもてるらしい。しかしそれにいい気になって、きちんと装着せず何人もと交渉してしまい、淋病やクラミジアになるヒトもいる。医学部に入ったらまずは国試に向けて勉強に勤しんでもらいたい。性病うつされるなんて甚だみっともないことである。医学生なのに。
日本では梅毒だってまだ5,000人/年も罹患していて過去の病気とは言いがたいのだから。

自治医大

おめでとうございます!またも9年連続国試合格率日本一に輝きました!
いつも不思議に思うのは、東大の医学部に入ったのに国試に落ちるヒトがいるってこと。信じられない。
が、当然かも知れない。「成績がすごくいいから」という理由で、確たる意思もなく、先生や親の勧めで医学部に入る方々が多いからであろう。だから解剖に嫌気がさして辞めてしまうヒトも出るのだ。
しかし自治医大は違う。医学部6年で順当に卒業したとしても9年間は出身県の知事の指定した病院で勤務しなければ修学資金の返済が免除されないのだ!まるで江戸時代のお女郎さんの年季奉公さながらで怖いが・・・。
もちろん留年なんかしたらそのお勤め期間は更に延びる。だからあまり裕福でない家庭の師弟が多い。しかも全寮制。そりゃ真剣味が違うであろう。

特定行為

医師または歯科医師の指示の元、手順書により看護師が行う38の行為。抜去、交換、挿入、管理、調整など。

正当業務行為

本人の同意もしくは入院診療計画書への同意があれば包括的承諾とみなされ、違法性阻却要件となる。これにより医師には手術や解剖が許される。解剖は法医学教室のある特定の場所でしか許可されない。そもそもご遺体はフレッシュではないことが多いので、法医学者でないと・・・。

タスク・シフティング

医師の労働時間を減らすため他職種へ業務移管を進めること。9業務

服薬アドヒアランス

以前は服薬コンプライアンスと言った。患者さん自身が自分の病気を受け入れ、医師の指示に従って積極的に薬を用いた治療を受けることを意味する。以前は「先生にお任せします」が当然のこととして医療者も捉えていたが、昨今ではこの考え方が主流になってきた。自分の治療に積極的に関わる姿勢は大切である。そのためには最低限の医療知識が必要である。

持病

日常的に耳にしたり、また使ったりしている方も多いと思いようですが、医学用語ではない。辞書によれば「なかなか治らず、常に、または時々起こる病気」とあり、英訳では「a chronic disease;慢性の病気」「an old complaint;古くからの訴え(不満)」などとなっている。

一般的に使われている「持病」とは、完治していない慢性の病気をさし、また病気に限らずなかなか良くならない痛みなども含んでいるようである。
厚労省で労働者の持病調査というものを行っているが、「持病がある」方が31.4%で、その内訳は「高血圧」(25.9%)が最も多く、次いで「腰痛」(24.1%)、「高脂血症」(16.4%)、「胃腸病」(9.0%)、「糖尿病」(8.9%)などとなっているので、これらが持病と捉えられているのであろう。

基礎疾患

元々患っている病気、あるいは別の病気の下地になっているような場合に、元の疾患のことを「基礎疾患」と呼ぶことが多い。英語の「Underlying disease」に当たる。

原疾患

医療者側が使うことの多い医学用語でるが、さほど厳密に定義されてはいない。

ある臓器を考えると、さまざまな最初の病気が最終的には同じ病気の状態となり、臓器がうまく働かなくなるために、同じ病気として扱われたり、治療が行われたりする。

中医協

中央社会保険医療協議会。診療報酬や薬価に係る議論の中心の場。委員は20名。薬価専門部会で薬価が決められる。オプジーボの値下げやジェネリックの価格など。

名前の由来

  • トモズ: 親会社が住友商事だから。エリエールの贅沢保湿がよそより安い。メンソールも売ってほしい!
  • クオール:名前の由来はQOL(クオリティ・オブ・ライフ)。これは絶対覚えるべき単語である。
  • スズケン:鈴木謙三が語源。
  • ココカラファイン:「心と体を元気にしたい」が語源。

杏林

呉の董奉(とうほう)という名医が語源。貧しい者からは治療代を取らなかった。
これは本人がよほどの資産家か、お上から予算が出るのでない限り、難しいことである。

PM2.5 (Particulate Matter 2.5)

直径2.5㎛以下の微粒子。ディーゼルの排気などに含まれる。花粉と合わさるとIgE抗体の産生が高められアレルギー反応がきつくなる。綺麗な空気を吸うことは健康の一丁目一番地である。

「後医は名医」

最初に診た医師より後に診た医師の方がより多くの情報に接することができるため、正確な診断・治療ができるという意味。そりゃ名医に見える。

「学医は匙が回らない」

学者肌の医師は教育者としては適任だが、臨床医としての腕は落ちるという意味。そりゃ当然。だれにだって向き不向きがある。臨床は日々の経験の積み重ね。内科の研修しか受けていない医師に形成手術されたくはない。

想起バイアス

カエサルいわく「多くの人は見たい物しか見ない」。ヒトは事実を自分に都合良く解釈する傾向がある。
印象に残ったことは強く想起し、そうでないことは記憶に残らない。

バイアス

偶然と無関係な偏り。系統誤差。交絡バイアス、選択バイアス、情報バイアスがある。医療においてこれはかなり問題となる。薬の認可、ポストベスト農産物の輸入、妖しげなダイエット法などなど。中国のダイエットピルで体を悪くした事件もあった。テレビを盲信している方が多いが、スポンサーに都合の悪いことはいいにくいという局の都合も考慮しないと、危険である。

三た論法

「飲んだ、治った、だから効く」という想起バイアスのひとつ。ヒトは偶然のことでも因果関係があると捉えてしまう傾向がある。他人の経験談や体験談に十分な客観性があるとはいえない。「個人的感想です」はメーカーの逃げ口上である。体質が違う以上、自分の体で人体実験しなければ効果のほどはわからない。

エビデンス

質を担保するのは再現性普遍性。同じ方法で誰でも同じ結果を導き出せる、少数の事例に限らず広く一般的に妥当すること。経験談や権威者(教授、その道の大家)の意見はエビデンスとするには弱い。STAP細胞はこれができなかったのだ。本当に正しいなら、世界中の研究者のだれがやっても同じ結果が導き出されるはずである。

プレプリント

査読前論文。自身の論文がNatureやLancetなどの一流の医学雑誌に載ることは誇らしい。もちろん審査されているが、時折訂正されたり削除されたりもする。盗用や捏造がなされることもあるため。

ランダム化比較試験 (RCT: Randomized controlled trial)

比べる患者を公平に(若い人と老人、喫煙者と非喫煙者などをバランスよく)選んで行う試験法。また信頼性の高い結果を出すには最低でも1,000人以上で調べる必要がある。サプリなどの宣伝で見るとあまりに対象人数が少ない。必ず分母の数を認識すべきである。
COVID-19も毎日分子(感染者数)ばかり言っているが、分母(総検査人数)を言わないのがすごく不満である。分母がわからなくて比較してもあまり意味がない(個人的意見である)。

姑息的手術

通常の手術では病変部をすべて取り除き完治を目指すが、進行している場合や老齢などの場合は体力低下を招き却って命を縮めてしまうため、根治目的でなく、症状の軽減苦痛緩和を目的に行う治療や部分的手術

ショック

血液の循環に不具合が生じ、脳や臓器が酸素不足となり危険な状態になること。出血性ショック、アナフィラキシーショックなど。脳は特に酸欠に弱い。

ショックの5P

  • 顔面蒼白(Pallor)
  • 虚脱(Prostration)
  • 冷汗(Perspiration)
  • 呼吸不全(Pulmonary insufficiency)
  • 脈拍触知不能(Pulseless)

シバリング(shivering)

体温の回復を主な目的とした、無意識に生じる身震いのこと。手術後、主に全身麻酔からの覚醒後に起こる。普通の身震いとは違い、比較的長時間続くことが多い。体内の酸素消費量の著明な増加、眼圧や脳圧の上昇、創部痛の増強など、患者とって不利益な反応を引き起こす。更に血圧やSpO2 など、術後早期に大切なバイタルサインの測定を妨げる可能性があるため、見過ごしてはいけない合併症である。

生存曲線

縦に生存率、横に時間を採り、時間経過で患者がどのくらい生存しているかを表す曲線。
形状はある時点での死亡率(ハザード率)に影響される。

ガン患者の生存曲線はカプランマイヤー法(累積生存曲線)で描かれる。長くなれば患者の生死を追跡不能になることが必ず出てくる。転院、ホスピスに移るなど。追跡不能だからと排除すると人為的に除外する可能性が出てくる。また追跡不能になっても長く生存する場合もすぐに亡くなる場合もある。

研究や試験では一度登録された患者のデータはいかなる理由でも勝手に解析から除外しないことが原則とされる。カプランマイヤーの生存曲線で最後の部分が落ちるのはたくさんが亡くなったことではなく、長く追跡された患者のひとりが亡くなったことを示す。
最後の方は患者数が少なくなるため信頼区間の幅が広くなる(信頼できなくなる)。統計学というのも医学には欠かせない分野である。

紹介状

診療情報提供書。有料。次が決まっていなければ宛先空欄で作ってもらえる。医師の経歴や論文のタイトル、所属学会を参考にするのはいいが、出身大学で選ぶのは問題。偏差値と医師の資質は比例しない
手術数などデータは出ているが、それは病院のデータであって、医師個人のデータではない。
なかなかいいドクターを見つけるのは難しい。愛想の良さと腕の良さも違うし・・・。

処方箋

有効期限(その日を含めて4日間)があるので忘れずに行かないと受け取れなくなる。月替わりのタイミングは特に注意が必要。たまに薬局でごねている方がいるが、薬剤師だって法律違反はできないのだ。

サードスペース

細胞内でも血管内でもない所。血管外へ水分が漏出すると循環量が少なくなり、脱水となって乏尿や浮腫が見られる。手術で組織を破壊された部位で産生されるサイトカインの影響で血管透過性が亢進する。

ミルキング

ドレーンチューブ内に排液が溜まるとフィブリン塊など血液の塊ができ詰まってしまうため、ミルキングローラーや手でしごいて流出を促すこと。ミルキング禁忌のドレーンも最近は多い。

BSL( Basic Life Support :1次救命処置)

人が倒れているのを発見→自分・周囲の安全確保→呼びかけに反応がない→人を集める→救急要請やAEDの準備・さらに人を集める→普通の呼吸をしていなければ胸骨圧迫を開始する。

ADL( Activities of Daily Living)

日常生活動作。自立、一部介助、全介助、見守りがある。認知症が進んだり、半身不随になったりすると、これらがひとりでできなくなる。その分同居の家族の負担が増える。

軽度認知機能障害 ( MCI: Mild Cognitive Impairment )

この段階で気づいてしかるべき手を打てば認知症まっしぐらをややペースダウンすることができる。
何を食べたか覚えていないのが物忘れ、食べたこと自体を覚えていないのが認知症だそうだ。
もちろん他にも見分けるポイントはいろいろあるが。

バーゼル・インデックス

ADLの評価法。100~0点。

HOT( Home Oxygen Therapy)

在宅酸素療法。

脱健着患(だっけんちゃっかん)

着替えの原則。脱ぐときは障害のない健常側から、着るときは麻痺や点滴部位のある側からにする。

遺体運搬

死亡診断書埋葬許可証などを携行していれば遺族が自家用車で運んでもよい。しかし運搬を事業にするには許認可が必要なためタクシーに乗せることはできない。また鉄道会社も規則や軌道運輸規程で運搬を禁じている。貨物列車で死亡診断書と付添人がいれば運搬は可能だが、積み卸しは付添人が行わねばならない。

プロメッション

遺体を急速冷凍してフリーズドライにし、乾燥させて粉末にする。スウェーデンで実用化が始まっている。粉は植物由来の材質のお棺に入れられ地中に埋められる。そのまま土に還る樹木葬。火葬より費用がかからない。

医療訴訟

3人による合議制。当然医師の鑑定が必要。交通事故のように似た事例がない。やるならまずはカルテの保全である。医療訴訟に慣れた弁護士に依頼する必要がある。知識がない者では医師に太刀打ちできないし、そもそも論破してくれる医師を証人に呼ぶこともできない。医師だって先輩の悪口(事実であっても被告にとっては)はいいにくいのだから。
東京、大阪地裁に「医事部」、「医療集中部」が2001年設けられた。

エンピリック

経験的治療。確定診断前に開始する。特に感染症に対する抗生物質投与など。検査結果が出るのを待っていては手遅れになる場合。

ACP(アドバンス・ケア・プランニング)

余命を知り得る患者が療養場所や延命治療(脳死を自分の死とするか否か)について自分なりの方針を周囲と話し合っておくこと。
医師や看護師と話し合い、親しい人たちにも伝えておく。意識がなくなったときの代理人を決めておくのも大切。

臓器移植も本人が登録していても、いざとなると家族との事前に話し合いがなかったせいで、親族が反対して駄目になるケースが実に多い。この親族というのが曲者で、毎日看病に来ていた方ではなく、初めて来たような親族が強硬に反対する・・・なんてことがよくある。せっかくの故人の意思なのに。そして相続(争族)が始まるのだ。

(私見)日本人の「遺体感」は独特だが、できれば臓器移植か献体を考えてみてほしい。燃えせばただの灰になるが、一部でも残せばだれかの命を繋ぐことができる。角膜などは抗原抗体反応がないのでHLAに関係なく移植できるし。また献体してくれれば医学生が解剖実習で実物を学ぶことができる。ホルマリンに漬けアルコールで置き換えるので2年ほどは保つ。そのため各部分ごとに時間をかけて学べるのだ。ここはあまり詳しく書くと馴れていない方は気分が悪くなるかも知れないので、やんわりとぼかしておこう。

ガンで亡くなった方については念のため他の臓器であっても移植ドナーにはしないようになっている。ガン細胞はどこに転移しているかわからないからので念のために。
移植については和田移植以来いろいろ事件もあった。臓器移植については別の投稿で詳しく記そうと思う。

ちなみにわたくしは献体よりも臓器移植派で、緑色の移植カードを持ち歩いている。もちろんひき逃げとかはされたくないが・・・。腎臓でも皮膚でも角膜でもどこでも好きに使っていただいて結構である。死んだら肉体は必要ないので。

ガンサロン

患者やその家族が集い、医療スタッフも交えて気軽に語り合う場所。医療者、患者や家族、両者が協力して運営するものなどがある。大きい大学病院とかであればあるであろう。

ピア・サポート(Peer)

「仲間、対等な人」の意味。ガン体験者やその家族が一定の研修を受けた後、サポーターとなり患者やその家族の相談に乗る。当事者として体験を共有、助言や情報提供を行うもの。多くは病院内で行われる。自治体や民間団体主体でも行われる。

上市

新薬が承認され、実際に市場に出る(市販される)こと。医薬品を市場に投入すること。どうも業界用語らしい。

上梓

論文や書物を出版すること。

治験

結果により正式に治療薬として認可される。同意書に署名すると治験対象者として適しているか調べられる。そのための検査はメーカー負担。投与が始まると定期的に検査が行われるため外来の回数が増えることもある。また副作用が出た場合は基準に従い中止や減量がなされる。原則、治験期間中の薬代、検査代はメーカー負担。

臨床試験

既存の抗ガン剤や分子標的治療薬の組み合わせや投与量を変えることでより治療成績の向上を目指す、有効性の確認など多岐にわたる。1病院で行われるものから多数の病院が参加するものまで規模も様々。
検査や診療は保険診療で賄われている。

NP

ナース・プラクティショナー。アメリカなどで独立して医療行為ができる医師と看護師の中間職種。大学院の修士課程を修め認定試験に合格して資格を得る。当初は医師不足解消のため1965年アメリカで導入された。アメリカでは300以上の大学で講座が開講されている。現在20万人以上が貧困層の多い地域や過疎地で初期診療や慢性疾患の継続診療などで活躍している。日本看護協会は日本版を創設・法制化の要望を出したが日本医師会は患者に不幸をもたらす(すごい反対理由!)として反対している。
医師の地域偏在や過重労働を放置するよりは専門分野を限って制度化した方がよほどましではないか(私見)。

シンガポール

医療制度、水準の高さは世界的に評価されていて、WHOの医療制度ランキングではアジア1位(世界6位)で日本の2位(10位)を上回っている。医療水準の高さと国家戦略によりインドネシア、マレーシア、ベトナムなどから大勢の患者が押し寄せている。

タイ

医療ツーリズムにおいてシンガポールを猛追している。医療のためなら簡単な手続きでビザを取得できるなど国が積極的に誘致している。施設は高級ホテル並みで日本語、アラビア語、ロシア語専用の受付も完備。

エベレスト(Chomolungma)

下山できず死亡した人は200人以上で今なお放置されている遺体も150くらいある。空気が薄いためヘリコプターを飛ばせないため。標高8,000mを超えると酸素が薄くなり疲労感も激しくなるため重い遺体を背負って下山するのは危険過ぎる。まだ息があったとしても助けられない。
冷温でバクテリアもいないため腐ることなく遺体はその場所にある。

ヒトスジシマカ

一度に卵を150個、8日で30回も生むことができる。日本では日本脳炎、近年ではデング熱が、海外ではマラリア、デング熱、ジカ熱ウエストナイル熱など、ペットにはフィラリアなどを媒介する。ヒトの強敵である。

RCT( randomized controlled trial)

ある試験的操作(介入・治療など)を行うこと以外は公平になるよう、対象の集団(特定の疾患患者など)を無作為に複数の群(介入群と対照群や、通常+新治療を行う群と通常の治療のみの群など)に分け、その試験的操作の影響・効果を測定して明らかにするための比較研究。
群分けをランダムに行うのは背景因子の偏り(交絡因子)をできるだけ小さくするため。
コンピュータで乱数を発生させ、割り付け表を使用する方法が適切だとされている。くじ引きやサイコロの使用、患者番号などでの割り付けは準ランダム化となり、真の意味でのランダム化とはならない。

メタアナリシス

複数の臨床研究のデータを収集・統合して解析することでバイアスを排除したもの。

有意水準

臨床試験など医学・薬学領域の研究では偶然による記述の可能性を5%まで許容する。ランダム化比較試験で偶然の影響を5%以下にするために必要な症例数を厳密に設定する(サンプルサイズ)。
症例数が多いほど研究の精度は高くなる。

P値

差がないと仮定したとき観察されたデータに偶然に差が生じる確率。
0.05を下回れば帰無仮説が棄却され対立仮説が採用される。

有意差なし

帰無仮説が棄却できない状態。仮説は保留となる。効果不明。効果なしとは違う。

ハサード比

相対的な指標。薬剤効果の記述方法のひとつ。0.76ならその薬剤が24%プラセボより発症を減らせることを意味する。

95%信頼区間

母集団における医学的介入の効果を統計的に推定する。全数検査ができないなら標本調査で類推するしかない。数が多いほど偶然は排除されP値は小さくなる。

全数調査

標的集団(全患者など)を調査すれば偶然の影響を完全に排除できるが、膨大なコストと時間、労力がかかる。
特に2型糖尿病など患者数の多い疾患ではまず不可能といえる。

アウトカム

臨床上の成果、結論。

コホート研究

曝露した集団と、していない集団を追跡調査し、疾病の発生率を比較する。要因と発生の関連を調べる観察的研究。

またお時間がある方はこちらもどうぞ→ COVID-19:感染したら処方される薬とその作用を理解するための用語を解説。

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.