体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

菊:天皇家はなぜ菊のご紋なの?9月9日が重陽の節句って何なの?

2021/09/05
 
大輪の白菊
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

桜やバラだけが花じゃない!菊にもいわく因縁がいろいろあるのです。

スポンサーリンク

重陽の節句

五節句のひとつ。菊酒を飲んだり、栗ご飯を食べたりして無病息災や長寿を願う。

平安時代の初めに中国より伝わった。昔の中国では、奇数は縁起が良い「陽数」、偶数は縁起が悪い「陰数」と考えられ、陽数の最大値である「9」が重なる9月9日を「重陽」と呼び、節句とした。
旧暦9月9日は現在では10月中旬頃に当たる。まさに菊が美しく咲く時期となる。

菊は仙境に咲く霊薬として、邪気を払い、長寿の効能があると信じられていて、菊を行事に用いたため、重陽の節句は別名「菊の節句」とも呼ばれる。

重陽の節句では菊の香りを移した「菊酒」を飲んで邪気を払い、無病息災や長寿を願うのである。

日本では、平安時代の初めに宮中行事のひとつとなり、菊を眺める宴「観菊の宴」が開催されたり、菊を用いた厄払いなども行われたりした。また時代が下ると菊の風習は庶民の間にも広がり、江戸時代には五節句のひとつとして親しまれる行事になってきた。

菊酒は蒸した菊の花びらを器に入れ、冷酒を注ぎ、一晩置くことで香りを移して作る。
また時期的に作物の収穫時期と重なるため、庶民の間では「栗の節句」として「栗ごはん」を食べて祝う習慣ができた。

さらに、「くんち(九日)に茄子を食べると中風にならない」という言い伝えもある。

「くんち」とは、収穫を祝う秋祭りの総称で、旧暦の9月9日、重陽の節句の際に行われた祭りであることから、「九日(くんち)」の名前が定着したと言われている。

九州で行われる「長崎くんち」や「唐津くんち」はその名残だとか。

現在では毎年10月に行われている。

「中風」とは、発熱や悪寒、頭痛などの症状の総称。

重陽の節句に「茄子の煮びたし」や「焼き茄子」などの茄子料理を食べ、不老長寿や無病息災を祈ったのである。いつの時代もすこやかでいることは価値がある。

  • 菊の着せ綿:観菊の宴の前日に、菊の花に真綿(綿ではなく絹)を被せます。宴が開催される朝に菊の香りと露を含んだ真綿を使用し、顔や体を拭いて無病息災を祈った。
  • 菊湯・菊枕:菊を湯船に浮かべた「菊湯」に入ったり、乾燥した菊の花びらを詰めた「菊枕」で眠ったりした。
    菊の香りには邪気を払う力があると信じられていたためである。
  • 菊合わせ:大切に育てた菊を持ちより、その美しさを競う催し。現在も、各地の植物園などで菊の品評会や鑑賞会が行われている。地味な印象の菊も大輪で手塩にかけて育てられたものや、菊人形、盆栽など、それはそれは見応えがある。お散歩がてら、ぜひ見に行っていただきたい。桜やバラだけが花ではない!

天皇家の紋章

「菊の御紋」は、鎌倉時代に後鳥羽上皇が用いたのが、その起源であるとされている。鎌倉末期後醍醐天皇はこの時、菊の紋に加えて「桐の紋」も使用するようになった。このことからふたつを合わせ、「菊桐の紋」と呼ばれるようになった。

桐の紋は平安時代の頃から、天皇の衣装に用いられていた。桐は鳳凰がその上にとまる神聖な植物だとされており、その縁起のよさから皇室で好まれたそうである。

やがて後醍醐天皇は、鎌倉幕府の支配から離脱し、自分に味方した足利尊氏に菊桐の紋の使用を許可した。
足利氏の家紋が桐なのはこのためである。

足利氏の他、九州の菊池氏も後醍醐天皇から紋を与えられており、戦国時代においては、中国地方の覇者、毛利元就も使用を許可されている。これは毛利元就が、正親町 (おおぎまち) 天皇が予算不足で即位の儀を実施できず困っていたとき、その費用を援助したためのお礼とでもいうべきか。

こうして菊桐紋は、皇室とつながりの深い武家の証として用いられるようになったのである。後醍醐天皇が足利尊氏に与えたことが先例となり、以後は他の武家の頭領たちにも、桐の紋が与えられていく。

戦国時代の混乱を鎮めた織田信長、豊臣秀吉が使用を許され、徳川家康にも同じ話が持ちかけられた。
しかし家康は「菊桐の御紋は尊いものですが、後醍醐天皇の御代に足利尊氏に与えられ、その一族がこれを用いてきました。けれど今ではもう足利氏は衰えており、徳川としては、その前例を追うことが望ましいとは思えません」と返事をして断った。天皇に否やを言う辺り、さすが大物!である。

つまり「既に衰退した一族の真似をさせられるなんて真っ平御免!」と言ったわけである。家康は徳川家の家紋である「の紋」こそ尊貴なものとして扱わせるため、幕府の許可なく使用することを厳禁とした。
その一方、「菊の紋は自由に使ってよし」とし、一般人でも用いることができるようにしたのである。
このため、最中などの和菓子にも使われるようになった。

この方策で家康は皇室の権威を弱めつつ、同時に幕府の権威を高め、徳川氏の支配力の強化を図ったのである。
幕末に尊王思想が興隆し、徳川幕府を倒して天皇を中心とした新しい政権を作ろうとする動きが活性化するまでは。

そし「菊は咲く咲く、葵は枯れる」という流行歌が作られ、「菊=天皇」の力が強まり、「葵=徳川」の力が弱まっていくことが揶揄された。

やがて明治維新が興り、天皇が再び国政の中心に据えられると、皇族以外が菊紋を使用することが禁じられ、その権威が再度高まっていった。

更に廃刀令などの政策によって、武士という階級そのものが消滅してしまった。
明治以後、陸軍の軍旗や軍艦の艦首にも菊紋が付与され、天皇直属の軍隊としての位置づけがなされた。
現代においても、菊紋は日本の象徴として存在し続けており、あなたのパスポートの表紙にも使用され、誰でも所有できるようになっている。

また江戸時代と同じく、菊紋の和菓子もたくさん見かけることができる。今では菊紋の使用は相当緩やかになったといえる。

しかし、天皇家の菊花紋章(十六八重表菊:じゅうろくやえおもてぎく)については、使用しないのが暗黙の了解となっている。

その他の家紋にも興味がある方はこちら→ 家紋:訳あってその紋様が選ばれた。誇れる先祖を持つ人は幸いである。


この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.