体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

褒賞:安室奈美恵氏が紺綬褒章を受章されました。それって何なの?

2021/09/05
 
紺綬褒章
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

 

褒賞一覧表
おいそれと、いただけるものではありませんね。

褒賞

明治14年12月の「褒章条例」公布により、紅綬褒章、緑綬褒章、藍綬褒章が制定されたのが始まり。
以降紺綬褒章、黄綬褒章、紫綬褒章が制定され、現在に至る。内閣府が管轄。

スポンサーリンク

各褒賞の写真は内閣府へ→ https://www8.cao.go.jp/shokun/shurui-juyotaisho-hosho.html

 

  • 紅綬褒章:史上最年少の少年がもらった。溺れた少年を助けたということで。
  • 緑綬褒章:杉様 (杉良太郎氏) がもらった。刑務所の慰問やベトナムの子の里親など。
  • 黄綬褒章:地方自治や行政書士の方なんかがもらえるようである。
  • 紫綬褒章:芸能人やスポーツ選手がもらうので一番報道が喧しい。
  • 藍綬褒章:オーナー社長さんたち、これなら頑張れば貰えそうである。毎年1,000人ほどなので。
  • 紺綬褒章:個人では500万円以上、法人では1,000万円以上が基準らしい。
  • 飾版:銀が5枚溜まると金1枚にしてくれるらしい。

 

文化勲章(ぶんかくんしょう)(the order of culture)

1937年に制定された文化勲章令に基づき、文化の発展に寄与した方に授与される勲章。

選考は選考分科会の意見を聴き、文部科学大臣が内閣府賞勲局に推薦、審査を経た上閣議で決定する。
毎年11月3日の文化の日に文化勲章の親授式が開かれ、皇居で天皇陛下から親授される。

デザインは京都御所紫辰殿の「右近の橘」に由来するらしい。橘の5弁の花の中央に3つ巴の勾玉を配置し、鈕には橘の実と葉を象ったものが使われている。「左近の桜、右近の橘」ですな。

文化勲章の受章者は文化功労者の中から選ばれるのが一般的だが、ノーベル賞の受賞などが先行すると文化功労者でなくても授与される。この場合でも文化功労者と同様、終身年金が受けられるそうだ。

褒章の受章者は、伝達式の終了後、配偶者同伴で天皇陛下に拝謁する。ということなので、当然ドレスコードがあるわけである。ものによってはローブデコルテとか燕尾服など。

瑞宝単光章

国公立の校長を恙なく務めると貰えるらしい。これを貰いたいがために、いじめ問題をなかったことにしたがる先生が多いと尾木ママが言っていた。わたくし、教育業界のことには詳しくないので、確証はないが、ありそうな話ではある・・・。

 あまり関連はないが雑学はこちら→ 家紋:訳あってその紋様が選ばれた。誇れる先祖を持つ人は幸いである。

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.