体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

アニサキス:アニサキス・アレルギーとアナフィラキシーについて。

2021/09/05
 
カトレア
この記事を書いている人 - WRITER -
Author
塗布薬
塗布するときは優しく、ね。ごしごしすり込まないで。

アニサキス症

鯖、にしん、鯵、イカ等を介してヒトの胃や腸壁に取り付いて腹痛を起こす2㎝位の寄生虫。魚を生食する国に多い。ファイバー・スコープで見つける。

スポンサーリンク

アニサキスAnisakisと呼ばれる一群の線虫nematodeはイルカなどの海生(棲)哺乳動物を終宿主とし、それらの胃内に寄生している。幼虫はサバやイカなど多種の海産魚類の体内に寄生しており、ヒトがこれらを生食するとその幼虫が胃壁や腸壁に穿入、即時型過敏反応(I型アレルギー反応)を起こし腹痛を発する。
アニサキス属近縁の属の幼虫によっても起こり、シュードテラノバ属の幼虫によって発症するものを別にシュードテラノバ症と区別する場合もあるが、一括してアニサキス症と称しているのが現状である。

胃アニサキス症gastric anisakiasisと腸アニサキス症intestinal anisakiasisとに分類される。

胃アニサキス症

心窩部痛がある。最近は問診によって本症が疑われればただちに内視鏡下で幼虫を摘出するので、診断と治療が一度で終了するようになった。

腸アニサキス症

胃アニサキス症より腸アニサキス症の場合はなお診断と治療に困難を伴う。
幼虫は高温には弱く、60℃では数秒で死亡する。2℃では50日間生きているが、-20℃では数時間で死亡する。
オランダではニシンは-20℃、24時間以上の冷凍を義務づけており、患者は激減した。

生魚、バッテラやしめさばのように食酢で処理した魚は危険。お酢や醤油くらいでは死なない。

虫体からの分泌物が原因であり、非即時型とされる。アニサキスの分泌物が消化管粘膜内に侵入するのに時間を要するため、臨床症状は遅れて表れると考えられる。胃だと4~8時間、腸だと4時間~72時間かかるという報告もある。アニサキスが刺さっている部分の粘膜は赤くなる。アニサキス症とは、虫体が刺さっているからではなく、アレルギー反応による炎症で痛みが生じるのである。

アニサキス・アレルギー

虫体そのものが抗原となって起こるので即時型であるが、ときに発症までに24時間ほどかかるケースもある。時間がかかる原因は不明。

アニサキスが寄生している海産物の摂取歴があり、上部消化管内視鏡で虫体を確認できれば確定診断ができる。
CT検査で腸管壁の肥厚を確認することもある。

アニサキス・アレルギーでは、アニサキス特異的IgE抗体価を調べる。
しかし、魚の生食機会が多い地域では、30%程度の抗体保有率があるとされており、アニサキス特異的IgE抗体高値のみでアニサキス・アレルギーと診断することはできないことに注意しなければならない。

アナフィラキシーショックの治療はお馴染みのアドレナリン筋注である。
胃アニサキス症の治療は内視鏡下での虫体除去となる。

食中毒と疑わしい場合は24時間以内に最寄りの保健所へ届け出ることが食品衛生法で定められている。

病歴で悪心、嘔吐、冷汗などがあると分かった段階で、自律神経症状の可能性を考えなければならないということである。蕁麻疹が出ていれば、「アナフィラキシーの可能性がある」との推論が成り立つ。アナフィラキシー症状は一過性のこともある。

予防については冷凍・加熱処理すればアニサキスが死滅するので有効だが、酢でしめることは予防として無効です。その他、塩漬け、しょうゆやワサビでもアニサキスは死滅しない。
しっかりと咀嚼すればいいのではないかという意見もあるが、残念ながらよく噛んでも予防にはならない。
なぜなら、アニサキス・アレルギーは虫体が抗原となるので、アニサキスの生死は関係なく、アニサキスが寄生している魚を食べることで発症するからである。

成人のアナフィラキシーの原因アレルゲンとしては、食物が最も多く、次いで薬物、3番目がアニサキスと言われている。

ちなみに、アニサキスの「当たりやすさ」は、太平洋側と日本海側で異なるとされている。
アニサキスは元々、魚の内臓にいる。魚が死んでしまうと筋肉の中に潜り込み、その筋肉をヒトが食べて感染するのだが、太平洋側と日本海側では生息するアニサキスの種類が異なり、筋肉への移行率も変わることが知られている。

太平洋側に多く生息するアニサキスは移行率が11%と高い一方、日本海側に多い種類は0.1%程度である。

アレルギーでなま魚を食べられないわたくしめは幸いにして、アニサキスに食われる心配はない。寿司、刺身がお好きな方はご注意召されよ。

ヒスタミン中毒

魚由来の中毒で似ている。古くなった魚ではヒスチジンヒスタミンに変わる。ヒスタミンは熱で分解されないため熱処理してもヒスタミン中毒を起こす可能性がある。ヒスタミン中毒を避けるには、鮮度の落ちた魚を食べない、しか方法がない。

その他メディカル情報はこちらにも→ アレルギー :ヒトは水以外のあらゆるものにかぶれる可能性がある。

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.