体もお財布もすこやかにする情報を発信する雑学サイトです。

すこやか084.org

カテゴリー

チョイス:帯状疱疹の原因、症状、治療薬、後遺症、予防について。

2021/09/16
 
コスモス・赤
この記事を書いている人 - WRITER -
Author

雅子様が妃殿下時代になりましたね。確かに日本にひとりしかいない特殊な立場では相当なストレスでしたでしょう。わたくし、痛い思いはしたくないので、最近ワクチン打ちに行きました。
インフルエンザワクチンはいつも逃げていたくせに、これとコロナワクチンだけは進んで受けに行きました。
100%でないにしても、いくらかでも予防に資するなら価値あると思いますので。

スポンサーリンク

原因

水疱瘡は日本では1/3がかかる。私も罹った。
老化、ストレスによる免疫力低下、他の病気による体力低下で潜伏していた帯状疱疹ウイルスが活発化してしまう。チクチクと痛む。痛みで眠れないヒトもいる。
まだ水疱瘡になっていないヒトにうつしてしまう(帯状疱疹ではなく、水疱瘡を)可能性もあるので、患部を手で触らず、ガーゼなどで覆う、同居人がいるなら風呂は最後に入るなど、若干の工夫が必要となる。

帯状疱疹ウイルス(VZV:varicella-zoster virus)

お薬手帳&塗り薬
お薬手帳はぜひ必携を!
薬剤師さんがダブりに気づいてくれるかも知れません。

帯状疱疹ウイルスの再活性化により痛みを伴う赤い発疹が帯状に出る。痛みは神経節に沿って移動する。
最初は小さいからあせもかと思ってしまうこともある。
ヘルペスの一種。初期なら抗ウイルス薬のバラシクロビルなどを7日間投与する。
抗ウイルス薬は皮疹出現後72時間以内に投与開始されるのが望ましい。行くのは皮膚科である。

妊婦(8~20週)が感染した場合、子が先天性水頭症になるおそれがある。妊娠する前に抗体があるかどうか調べた方が無難である。あるいはワクチン接種をする。

片側の神経支配領域に一致した疼痛や知覚異常が先行したのち、浮腫性紅斑、紅色丘疹、小水疱が帯状〜列序性に生じる。


帯状疱疹に関連する疼痛は急性期の疼痛と皮疹治癒後3カ月以上(ヒトによっては一生!)持続する帯状疱疹後神経痛PHN:post-herpetic neuralgia)に大別される。

詳しくは皮膚科Q&A→ https://www.dermatol.or.jp/qa/qa5/index.html

簡易検査キット(VZV)デルマクイック(マルホ)

鋏で発疹の部分を小さく切り、綿棒で採取、キットの試薬に取ってから垂らし、10分待つ。T(テストライン)の所にピンクの線が出たら陽性。治療を開始する。
普通は視診でわかるので必ず使うとは限らない。他の疾患と区別しにくい症状の方の場合、使われる。
本体価格と診断料で3割負担ならば1,000円ちょっとである。

帯状疱疹脳炎

ウイルスが脳まで達した場合は高熱、嘔吐、痙攣、錯乱、最悪命の危険もある。

ヘルペス

1型~8型まである。1~2型は口唇ヘルペス、3型は水痘・帯状疱疹、4~8型はカポジ肉腫、過敏性症候群などを引き起こす。全身どこにでも感染する。部位により口唇ヘルペス、角膜ヘルペス性器ヘルペスなどと呼ばれる。

妊婦が感染すると胎児に脳炎や髄膜炎を起こす危険性がある。また母子感染を防ぐため帝王切開が必要となる。
感染しやすく、感染させやすい感染力が強いため水ぶくれや唾液に触れても、食器や便器に触れても、感染してしまう。また再発を繰り返しやすい
ウイルスは発熱、紫外線、性交渉、過労やストレス、歯科治療、時差、レーザー治療などの刺激で動き出す。

帯状疱疹後神経痛(PHN):他の投稿でもご紹介済み

ウイルスへの免疫力が落ちてくる年代(40~50歳代)にぶり返す。30歳代は無意識に子どもと関わるため水痘・帯状疱疹ウイルスを取り込み免疫力が再活性化される(ブースター現象)。
しかし50歳代以降は免疫力低下と体力の衰えが重なり発症しやすくなる。高齢者が罹ると治癒まで日数がかかり、PHNに移行しやすいプレガバリン(リリカ)が処方される。
私のようなアトピー体質のヒトは特に注意が必要。膠原病、糖尿病、ガンのヒトも要注意!である。

50歳前後と70歳前後で水痘ワクチン(自費)を摂取すれば予防効果が高い。成人へのワクチンは保険対象外である。
50歳以上なら自費で受けられる。皮膚科、内科で、在庫があれば。前もって確認のこと。ワクチンには2種類ある。
効果は接種後10年くらいとみられる。

ステロイド剤内服併用については、急性期の疼痛の軽減睡眠障害の改善などの報告はあるが、PHN発症予防のエビデンスはない。

関連情報はこちらにも→ 医学用語:コロナに限らず、情報を理解するには多少の知識が必要です。

ワクチン

  • 生ワクチン:2016年から。約10,000円で1回摂取。私はこちらを受けた。予防効果は50~60%。別に痛くもないし、きつい副反応もなかった。注射は嫌いだが、何年も痛い思いするよりは絶対にましなので。
  • 不活化ワクチン:2020年から。各20,000円で2回摂取しなければならないが、予防効果はもちろん生ワクチンより高く90%以上。
    ご予算がある方はこちらを。

打つに当たっては皮膚科や内科に在庫の確認をお願いしますね。必ずあるとは限らないそうなので。
わたくし、当日お金を忘れまして、ワクチン打ってすぐに全速力でコンビニのATMまで疾走いたしました。とんだ醜態でございます!しかし走っても特に副反応は出ませんでした。
みなさんはそんな迂闊者ではないと思いますが、念のため。

薬物療法

なるべく早期に抗ウイルス薬の全身投与を開始する。早いほどPHNへの進行を食い止められ、瘢痕化も防ぎやすい。
また腎排泄型の抗ウイルス薬(バラシクロビル)を投与する場合は、高齢者や腎機能低下患者のクレアチニンクリアランス値を指標として用量を調整する必要がある。3割負担で600円/日で2週間ほど。
新しいアメナメビルなら腎機能低下した患者さんにも処方できる。800円/日で2週間ほど。

疼痛についてはアセトアミノフェンやNSAIDs✿が処方される。

NSAIDs(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)
非ステロイド性抗炎症薬のこと。シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することで、プロスタグランジン類(痛み物質)の合成を抑制してくれる。特にプロスタグランジンE2(PGE2)は起炎物質・発痛増強物質であり、主にこのPGE2の合成を抑制することで、鎮痛・解熱・抗炎症作用を発揮する一群の薬である。
このあたりはぜひ覚えておいてほしい作用機序である。試験に出るくらいイロハのイである。

痛みがきつい場合

末梢神経に弱いオピオイド投与、あるいは局所麻酔してからの神経ブロック注射などもある。

疼痛緩和のレーザー治療

低出力のレーザーを10分くらい使う。照射自体に苦痛はなく副作用や合併症もほとんどない。トリガーポイント、星状神経節、帯状疱疹後の神経痛など神経に沿って照射する。下行性疼痛抑制系を活性化する効果もある。
薬物を使わず針も刺さないためアスリートや花粉症の人にも利用されている。

ラムゼイ・ハント(Ramsay Hunt)症候群

帯状疱疹の発疹は全身どこにでもできるが、耳介周囲に生じた場合、顔面麻痺や難聴、めまいなどが起こる。
子どものとき水疱瘡に罹るとウイルスが背骨の神経節に棲み着き、ストレスで疲労が溜まったときや加齢による免疫力低下で再活性化、帯状疱疹を生じる。耳にも湿疹が出て顔面が麻痺することもある。ともあれ耳の痛みが数日続いたらすぐに受診(担当は皮膚科)する。

眼瞼周囲に生じた場合には、ウイルス性角膜炎に対して注意が必要となる。

丹毒

連鎖球菌により起きる皮膚感染症。帯状疱疹と間違われやすい

ベーチェット病

原因不明の免疫性疾患。口腔粘膜潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の四徴候を主症状とする慢性再発性の全身性炎症。
帯状疱疹と間違われやすい

この記事を書いている人 - WRITER -
Author

Copyright© すこやか084.org , 2021 All Rights Reserved.